経済産業省
文字サイズ変更

産業保安規制の業務内容

TOPページ > 産業保安規制の業務内容 > 電力の安全 > 電気設備の安全 > 太陽電池発電設備を設置する場合の手続き

電力の安全

太陽電池発電設備に関す技術基準の解釈の一部改正について

太陽電池発電設備に関する電気設備の技術基準の解釈の一部改正について

  •   平成30年10月1日付けで、以下のとおり太陽電池発電設備に関する「電気設備の技術基準の解釈」の一部改正を行いました。
  •   今般の改正では、第46条第2項に定める太陽電池発電設備の支持物(一般的には、「架台」、「基礎」と呼ばれる部分)の性能について、最新の技術的知見を取り入れました。改正日以降、太陽電池発電設備の支持物について、新設・増設・改修の工事を行う際、本解釈に適合するよう設計すれば、「電気設備に関する技術基準を定める省令」に定める技術的要件を満たすものと認められます。(※)
  •  また、本解釈改正以前に設置された太陽電池発電設備については、改正後の基準に適合していない場合であっても、直ちに技術基準適合義務違反にはなりませんが、安全の確保に万全を期すため、設備の安全性を改正後の基準に照らして確認いただき、必要に応じて、補修等を行っていただきますようお願いいたします。
  •  ※なお、省令に定める技術的要件を満たすものと認められる技術的内容はこの解釈に限定されるものではなく、省令に照らして十分な保安水準が達成できる技術的根拠が示されれば、省令に適合するものとして判断され、必ずしもこの解釈に従う必要があるものではありません。ただし、同等もしくは同等以上の安全性を有することを設置者自身で証明していただく必要があります。
  •  

    ページトップへ

    添付書類

    ページトップへ

  • 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
    Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.