1. ホーム
  2. 新型コロナウイルス感染症関連
  3. 家賃支援給付金事業の執行体制等

家賃支援給付金事業の執行体制等

令和2年度

中小企業庁の委託事業である「家賃支援給付金事務事業」に基づき、委託先を「家賃支援給付金事務局」として、家賃支援給付金の申請受付や審査、給付等の業務を委託する。

委託先:
株式会社リクルート(デロイトトーマツコンサルティング合同会社、株式会社ベルシステム24、株式会社TMJ、凸版印刷株式会社、株式会社ニューズベースとのコンソーシアム体制)
契約金額:
76,319,876,330円(税込) ※契約締結(令和2年6月18日)時点
93,206,436,006円(税込) ※計画変更(令和2年9月11日)時点
備考:
審査体制を増強し、家賃支援給付金の適切かつ迅速な支払いを進めていくため、令和2年9月11日に計画変更を実施いたしました。

令和3年度

中小企業庁の委託事業である「家賃支援給付金不正受給調査等事業」に基づいて、当該事業の範囲内に限り、委託先を令和3年度の「家賃支援給付金事務局」(家賃支援給付金返還等事務局という。)として、家賃支援給付金の不正受給に係る調査や自主的な返還の受付等の業務を委託する。

委託先:
デロイトトーマツコンサルティング合同会社
契約金額:
341,220,000円(税込)

最終更新日:2021年4月1日