1. ホーム
  2. 政策について
  3. 政策一覧
  4. 経済産業
  5. 標準化・認証
  6. 国内・国際標準化
  7. 日本産業標準調査会基本政策部会「取りまとめ」(日本型標準加速化モデル)を公表しました。

日本産業標準調査会基本政策部会「取りまとめ」(日本型標準加速化モデル)を公表しました。

 
市場創出に資する経営戦略上の標準化活動(戦略的活動)に積極的に取り組むことが、
これまでの基盤的活動の維持に加えて重要である、との「日本型標準加速化モデル」が提示されました。

「標準化」を通じて、消費者の利便性を高め、同時に優れた製品をグローバル市場に届けることが可能です。世界で展開されている標準化活動は、単なる規格づくりを超えたものになりつつあり、日本においても、人材育成や経営戦略の観点から、標準化活動を加速するべき時期に入っています。

こうした問題意識の下、日本の標準化活動の在るべき姿や課題・取組事項の整理を行うため、昨年4月より「日本産業標準調査会 基本政策部会」を開催、2023年6月20日、取りまとめが公表されました。

1.「日本型標準加速化モデル」の提示

・基盤的活動:社会・消費者の安全・安心の確保、基礎的な部品の仕様や検査方法、組織・事業の運営方法等、産業基盤となる標準化活動。
・戦略的活動:市場創出に資する経営戦略上の標準化活動。商品企画、研究開発、マーケティング、投資等の戦略と一体的に進めることが必要である。また、SDGsなどの社会要請を、価値に転化する標準化活動も含まれる。

2.「日本型標準加速化モデル」実現に向けた、課題と取組

日本の解決すべき課題と、解決に向けた施策のポイント

資料

                       ※2023年8月1日、企業名等の記載漏れ、誤植の修正を行いました。(p.12、p.49、p.75)

 

3.フォローアップ

お問合せ先

イノベーション・環境局 基準認証政策課
電話:03-3501-1511(内線)3413~3415
メール:bzl-s-kijun-seisaku★meti.go.jp
※ [★]を[@]に置き換えてください
 

最終更新日:2024年7月1日