1. ホーム
  2. 政策について
  3. 政策一覧
  4. 経済産業
  5. 産業人材
  6. ニューロダイバーシティの推進について

ニューロダイバーシティの推進について

1.ニューロダイバーシティとは

 ニューロダイバーシティ(Neurodiversity、神経多様性)とは、Neuro(脳・神経)とDiversity(多様性)という2つの言葉が組み合わされて生まれた、「脳や神経、それに由来する個人レベルでの様々な特性の違いを多様性と捉えて相互に尊重し、それらの違いを社会の中で活かしていこう」という考え方であり、特に、自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症、学習障害といった発達障害において生じる現象を、能力の欠如や優劣ではなく、『人間のゲノムの自然で正常な変異』として捉える概念でもあります。
 イノベーション創出や生産性向上を促すダイバーシティ経営は、少子高齢化が進む我が国における就労人口の維持のみならず、企業の競争力強化の観点からも不可欠であり、さらなる推進が求められています。この観点から、一定の配慮や支援を提供することで「発達障害のある方に、その特性を活かして自社の戦力となっていただく」ことを目的としたニューロダイバーシティへの取組みは、大いに注目すべき成長戦略として近年関心が高まっております。この概念をさらに発信し、発達障害のある人が持つ特性(発達特性)を活かし活躍いただける社会を目指します。

(参考:公開されている国内外レポート、日本における取組等)
 

2.経済産業省の取組

デジタル分野における「ニューロダイバーシティ」の取組可能性にかかる調査

 昨今、実際にIT業界において、自閉症・ADHDといった症状を持つ発達障害のある方を雇用し、デジタル分野での高い業務適性を活かして収益化等に成功した事例も生まれ始めており、デジタル化が加速する社会において企業の成長戦略として注目を集めています。
 そこで、経済産業省経済社会政策室では、特に先行研究でその特定能力との親和性が報告され、政府としても人材確保が喫緊の課題となっているデジタル分野にフォーカスし、当分野において企業が「ニューロダイバーシティ」を取り入れる意義とその方法論を取りまとめました。
 先行取組企業の事例等も整理しておりますので、是非ご覧いただき、自社におけるお取組にご活用ください。
 

調査結果レポート

本調査結果レポートでは、「ニューロダイバーシティ」という概念を企業が経営に取り入れる意義と、実践するための方法論を示しております。

詳細報告書等

最終更新日:2022年4月8日