物流・人流・土木インフラ産業

主な今後の取組

高速道路利用時のインセンティブを付与し、電動車の普及を促進する

ドローン物流の本格的な実用化・商用化を推進する

2025年、「カーボンニュートラルポート形成計画(仮称)」を策定した港湾が全国で20港以上となることを目指す

動力源を抜本的に見直した革新的建設機械(電動、水素、バイオ等)の認定制度を創設し、導入・普及を促進する

空港の脱炭素化、航空交通システムの高度化を推進する

2050年における国民生活のメリット

自動車を運転できない高齢者等にとって、利便性の高い公共交通サービスを実現する

グリーンインフラによって、雨水貯留・浸透等の防災・減災や、健康でゆとりのある生活空間の形成、都市緑化によるヒートアイランド対策などを実現する

お問合せ先

産業技術環境局 環境政策課 GX投資促進室
担当者: 山田、黒澤
電話:03-3501-1511(内線 3367~3368)

最終更新日:2023年8月3日