産学融合先導モデル拠点創出プログラム


目的

本プログラムでは、産学融合を通じた共通価値の創造を目指し、産学融合の先導的取組とモデル拠点構築に向けた支援を行い、大学を起点とするオープンイノベーションの深化とさらなる拡大を目指します。

実施内容

都道府県域を超えた広域な地域ブロックにおいて、複数の大学と公的研究機関・産業支援機関、そして企業、経済団体、金融機関、ベンチャーキャピタルなどの投資機関、さらに地方自治体などを含めたマルチステークホルダーによる産学官連携のネットワーク創設及びネットワークから生み出される産学融合の研究開発・事業創出の取組を加速化させる事業を補助します。

具体的には、産学融合創出エリア(以下、「創出エリア」という。)を指揮する総括エリアコーディネーターがイニシアティブをとり、そのビジョンに基づき、参画機関に所属する高度な専門性をもった上級エリアコーディネーターと連携して、創出エリアにおけるプロジェクト創出のグロースチームの役割を担うこととします。これらのネットワークを媒介し、産学を含むマルチステークホルダーとの対話を通じて、マテリアリティ(重要課題:組織が経済、環境、社会に与える著しいインパクトを反映する項目、ステークホルダーの評価や意思決定に対して実質的に影響を及ぼす項目)の特定とそれに基づく価値創造ストーリーの構築、さらに競争優位を確立するための戦略立案とその実行を推進することを目的としています。また、これらの立案・実行にあたっては、研究シーズなどの大学の知やそれらを産み出す機能・リソースのイノベーション潜在性について、創出エリアの産業集積やエコシステム、ソーシャルキャピタルなどの強みを踏まえて分析・検討し、ビジネス/ソーシャルニーズの観点からイノベーション創出を力強く推進します。

本プログラムにおいては、目下の個別課題の解決のみならず、創出エリアにおけるボトムアップのアプローチに基づきF/S調査等を実施し、実現可能性を高めることにより、産学融合の好事例の創出とイノベーションを連続的に産み出す基盤構築・強化の取組を重点的に支援します。併せて、リソースの集中化により首尾一貫した政策資源の投入を進めるため、経済産業省及び関係府省庁等の各種関連施策ともシームレスに連携し、価値創造ストーリーから生まれるイノベーション創出サイクルの構築を目指します。

公募内容(令和3年度)

詳細はこちらをご参照ください。
 

本プログラムは、原則、補助金申請システムjGrantsで申請を受け付けます。

※jGrantsを利用するにあたり、GビズIDのgBizIDプライムの取得が必要です。gBizIDプライムの申請受付状況によってはID取得までに期間を要する場合がありますので余裕を持って準備してください。

※jGrantsによる申請は、創出エリア支援型及びF/S調査支援型の双方について、代表幹事機関がとりまとめのうえ、申請願います。

交付要綱

FAQ

FAQ集(PDF形式: 205KB) PDFファイル ※お問合せの中で特に多かったものを記載しております。(更新:2021/2/1)

採択結果

本プログラムの令和2年度採択結果については、こちらをクリックしてください。

お問合せ先

産業技術環境局 技術振興・大学連携推進課
大学連携推進室
電話 03-3501-0075
FAX 03-3501-5953

最終更新日:2021年5月28日