1. ホーム
  2. 政策について
  3. 政策一覧
  4. ものづくり/情報/流通・サービス
  5. 情報化・情報産業
  6. 夏季を迎える前のエアコン試運転の重要性について

夏季を迎える前のエアコン試運転の重要性について

エアコンの早期の試運転について

 経済産業省では、家庭内における熱中症を予防・防止する観点から、本格的な夏季を迎える前に、各家庭において早期にエアコンの試運転を行っていただくことを推奨しています。
 

夏季を迎えるにあたっての注意喚起について

 本年(2020年)は、新型コロナウイルスの影響等により、2月から4月にかけてのエアコンの販売台数は、前年と比べ大きく減少しています。このことに伴い、エアコンのメンテナンス件数も、例年より少ない件数で推移しています。
 このような状況の中、更に猛暑が重なった場合、7月から8月にかけて、エアコンの販売、設置及び修理が一定期間に多数集中することで、一部の地域では、設置・修理に数週間待たなければならない状況が発生する可能性があります。
 厚生労働省が示している「「新しい生活様式」の実践例」の中でも、外出を控えることが言及される中、今年の夏は、気象庁からも全国的に気温は「平年並よりも高い」(6月~8月の3ヶ月)と予報されており、エアコンの設置・修理に万全を期すことにより、自宅等での熱中症対策等を進めることが重要になってきます。
 
[参考]新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を公表しました(厚生労働省ホームページ)
[参考]「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました(厚生労働省ホームページ)<NEW>
 

試運転の方法について

 メーカー毎に推奨する試運転の方法が異なりますので、御利用しているエアコンのメーカーを御確認いただいた上で、各社のWEBサイトを御確認ください。この他、一般社団法人日本冷凍空調工業会、一般財団法人家電製品協会が作成している以下のパンフレットも参照下さい。
 

お問合せ先

商務情報政策局 情報産業課

電話:03-3501-1511(内線 3981)、03-3501-6944(直通)

最終更新日:2020年6月3日