研究開発型スタートアップ支援

スタートアップの事業段階に応じた支援

NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)では、研究開発型スタートアップの創出、育成のための支援事業を行っています。本事業は、我が国の企業、大学、研究機関等が有する技術シーズの発掘から事業化までを一貫して政策的に推進し、経済活性化、新規産業・雇用の創出につなげることを目的としています。
 

スタートアップ支援に関するプラットフォーム(通称:Plus(プラス))

スタートアップ支援行う政府系の9機関は、「スタートアップ・エコシステムの形成に向けた支援に関する協定書」を締結し、スタートアップ支援に関するプラットフォーム(通称Plus(プラス) ”Platform for unified support for startups”)を創設いたしました。その一環として、ワンストップ相談窓口「Plus One(プラスワン)」を、NEDOにおいて運用しています。

スタートアップ向け経営人材支援事業

イノベーションの担い手である研究開発型スタートアップ企業では、経営人材の不足が顕著であると言われています。理由としては、①大企業等からスタートアップに人材を流動させるため民間事業者の取り組み・事業者間連携が不足している、②人材側にスタートアップで働くことの価値が十分に認められていない等の構造上の課題が存在しているためです。
経済産業省では、民間事業者が新たに取り組もうとする大企業等からスタートアップへの人材流動に向けた取り組みの費用の一部を補助し、スタートアップの成長に寄与する人材を効率的・効果的にマッチングする好連携を創出・情報発信しています。
この事業を通じて、広く民間ビジネスにおいて事業展開されることを期待しています。

ロゴをクリックすると特設ページへ移行します

お問合せ先

産業技術環境局 技術振興・大学連携推進課

電話:03-3501-1512+(自動音声後(1829219)入力(陶山))
   03-3501-1512+(自動音声後(1824665)入力(清水))
   03-3501-1512+(自動音声後(1827764)入力(大串))
FAX:03-3501-9229

※現在、原則リモートワークを実施しております。お問い合わせへの対応に影響をきたすことがないよう、最大限体制を整えて対応してまいります。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

最終更新日:2021年9月8日