応募手続き

令和6年度応募者へのメッセージ・昨年度開催からの見直しポイント

今年度も以下の取組を加点評価の対象とします。

・「誤使用による製品事故の未然防止に向けた取組」

・「製品安全実現に向けたサプライチェーン全体の管理」

・「高齢者、子どもの製品事故の未然防止に向けた取組」

・「情報技術等の新技術を活かした製品安全の実現、それらの新技術がもたらす課題への対応」

募集部門と募集対象者

部門 表彰内容 募集対象
大企業
製造事業者・輸入事業者部門
  • 経済産業大臣賞
  • 技術総括・保安審議官賞
  • 優良賞(審査委員会賞)
「消費生活用製品※1」の製造事業または輸入事業を行う者を対象[a]
中小企業
製造事業者・輸入事業者部門
  • 経済産業大臣賞
  • 技術総括・保安審議官賞
  • 優良賞(審査委員会賞)
「消費生活用製品※1」の製造事業または輸入事業を行う者を対象[a]
大企業
小売販売事業者部門
  • 経済産業大臣賞
  • 技術総括・保安審議官賞
  • 優良賞(審査委員会賞)
「消費生活用製品※1」の小売販売事業を行う者を対象[b]
中小企業
小売販売事業者部門
  • 経済産業大臣賞
  • 技術総括・保安審議官賞
  • 優良賞(審査委員会賞)
「消費生活用製品※1」の小売販売事業を行う者を対象[b]
団体部門
  • 特別賞(審査委員会賞)
[a][b]以外の「消費生活用製品※1」に関連した事業を行なっている団体を対象
企業総合部門
  • 特別賞(審査委員会賞)
[a][b]以外の「消費生活用製品 ※1」に関連した事業を行なっている企業(「ネットモール運営事業者※2」を除く)を対象
ネットモール運営事業者部門
  • 特別賞(審査委員会賞)
「ネットモール運営事業者※2」を対象

募集内容・応募手順の詳細は、「応募要領」をご覧下さい。

※1 「消費生活用製品」とは、主として一般消費者の生活の用に供される製品をいいます。(消費生活用製品安全法第2条)
以下の製品は消費生活用製品から除外されます(消費生活用製品安全法別表)。
船舶、食品、食品添加物、洗浄剤、消火器具、毒物、劇物、自動車、オートバイ、容器、猟銃、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器 等
〈経済産業省" 消費生活用製品の定義"より〉

※2 本表彰の「ネットモール運営事業者」とは、「インターネット上で製品の売買を行うオンライン・ショッピング・モール 、インターネット・オークション、オンライン・ フリーマーケット等の場を運営する事業者」をいいます。なお、ネットモール運営事業者が自ら製造、輸入又は販売の事業も行う場合には、製造事業者・輸入事業者部門、又は小売販売事業者部門にも該当しますので、主たる業務に応じて応募部門を選択してください。


※「中小企業」とは、中小企業基本法第2条第1項の規定を踏まえ、以下の企業とします。

業種分類 条件
製造事業者
資本の額又は出資の総額が3億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が300人以下の会社または個人
輸入事業者
資本の額又は出資の総額が1億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が100人以下の会社または個人
小売販売事業者
資本の額又は出資の総額が5千万円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が50人以下の会社または個人

ただし、以下のいずれかに該当する社は大企業に分類されます。

  • 発行済株式の総額又は出資価格の総額2分の1以上を同一の大企業が所有している中小企業者
  • 発行済株式の総額又は出資価格の総額3分の2以上を大企業が所有している中小企業者
  • 大企業の役員又は職員をかねている者が、役員総数の2分の1以上を占めている中小企業者

※ 過去の重大製品事故やリコールなどは、本表彰の応募を妨げるものではありません。

※ 消費生活用製品を取り扱う事業部門単独での応募も可能とします。

募集期間

令和6年4月8日(月)~ 7月19日(金)

応募手順

本ページ下部より応募資料をダウンロード (Microsoft Word 形式)

アイコン矢印下向き

必要事項を記入

アイコン矢印下向き

  指定のメールアドレスへ送信

応募説明会

こちらをご覧ください。

応募にあたっての注意事項

  • 応募書類は返却いたしません。応募書類に記載された内容及び個人情報については本表彰の審査以外には一切利用いたしません。また、審査内容の詳細、選外となった企業名等に関するお問い合わせ、審査結果に対する異議申し立てについては一切お受けできません。
  • 1つの企業が2つの部門に応募することはできません。輸入事業と小売販売事業の両方を行っているような場合には主たる事業部門のみ応募が可能となります。
  • 経済産業大臣賞受賞企業は、受賞の翌年度に開催される「製品安全対策優良企業表彰」には応募できません。 技術総括・保安審議官賞・優良賞・特別賞受賞企業は応募可能です。
  • 審査費用は無料です。ただし、応募資料の作成費用・送信に係る通信費用、プレゼンテーション審査及び表彰式の交通費等は応募企業の皆様にご負担いただいております。
  • 以下の場合は、応募を無効又は受賞を取り消します。
    ・表彰の目的を損なうような行為もしくは虚偽の記載等があった場合
    ・審査等で協力いただけない場合
    ・法令違反など社会通念上、製品安全対策優良企業とすることがふさわしくないと判断される場合

応募要領・応募資料

令和6年度の製品安全対策優良企業表彰の応募、審査など手続きの方法を記した文書です。
応募に際してはこれらを必ずお読み下さい。

製品安全対策優良企業表彰(PSアワード)応募要領

応募資料

応募資料に必要事項をご記入いただき、PSアワード事務局へお送りください。
特に初めて応募いただく場合、資料提出前に事務局との個別相談の実施をお勧めします。
「応募者概要シート」は例年度から若干変更されています。ご留意ください。