経済産業省
文字サイズ変更

原子力発電所事故に関する賠償などについて

避難指示区域の見直しに伴う賠償基準の考え方について

平成24年7月20日、経済産業省は、避難指示区域の見直しに伴う賠償基準の考え方(以下「賠償基準の考え方」という。)を取りまとめました。
賠償基準は、賠償の実施主体である東京電力株式会社(以下「東京電力」という。)が定めるものですが、今回の賠償基準は避難指示区域の見直し及び今後の被害者の方々の生活再建に密接に係わるものであるため、政府としても被害を受けた自治体、住民の方々の実情を伺い、それを踏まえて賠償基準に反映させるべき考え方を取りまとめることといたしました。
今後、この賠償基準の考え方を受けて東京電力が具体的な賠償基準を策定することとなっております。

原子力損害賠償支援機構法について

平成23年8月3日、原子力損害賠償支援機構法が成立いたしました。

関連リンク

原子力損害の賠償に関する政府の支援の枠組みについて

<東京電力に関する経営・財務調査委員会について>

原子力損害の範囲の判定等に関する指針について

中間指針第二次追補

中間指針追補

中間指針

第二次指針追補

第二次指針について

第一次指針について

関連リンク

原子力災害被害者に対する緊急支援措置(仮払金)について

原子力発電所事故経済被害対応チーム関係閣僚会合において原子力災害被害者に対する緊急支援措置(仮払金)について決定されました。

原発事故経済被害対応チームについて

平成23年5月9日、「原子力発電所事故による経済被害対応本部」が「原発事故経済被害対応チーム」(チーム長:原子力経済被害担当大臣)に改組されました。

平成23年4月15日、原子力発電所事故による経済被害対応本部が開催され、「原子力災害被害者に対する緊急措置について」(資料3)が本部決定されました。

 
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.