経済産業省
文字サイズ変更

産業活動分析

 

産業活動分析は我が国の製造業(鉱工業指数鉱工業出荷内訳表、鉱工業総供給表等)及び第3次産業を中心にした産業活動(第3次産業活動指数全産業活動指数等)の経済動向を分析し、四半期ごとにまとめて公表していたものです。

産業活動分析自体は平成26年10~12月期で終了し、四半期の結果につきましてはミニ経済分析で公表を行っておりますので、ミニ経済分析を御覧下さい。また、過去の分析について当時の状況を再現することが困難な場合もございますのであらかじめ御了承ください。

内容

本ページ内の各内容へ飛びます。

平成26年10~12月期・年間回顧(最新)

概要(内容一括ダウンロード版スライド版
 26年10~12月期の産業活動全体をみると、第3次産業活動、鉱工業生産、建設業活動の全てが上昇となったことにより、全産業活動指数は前期比0.8%と3期ぶりの上昇となった。
 26年をみると、鉱工業生産が上昇となったものの、第3次産業活動、建設業活動が低下となったことにより、全産業活動指数は前年比▲0.2%と3年ぶりの低下となった。

  1. シニア層の健康志向の高まり、そして地域別人口に影響されているフィットネスクラブ~初めての経済センサス-活動調査結果も踏まえて~(PDF/867KB)
  2. スライド版(PDF/553KB)
    シニア層の健康志向は引き続き高まりを見せている。フィットネスクラブ会員に占めるシニア層の割合は全人口の年齢別構成比の変化幅以上に上昇が続いている。人口の多い地域は、フィットネスクラブの事業所数、利用者数も多く売上金額も多くなっている。さらに、1事業者当たりの利用者数や1事業者当たりの売上金額も人口に応じて多くなる。フィットネスクラブは、その地域の人口に応じた事業所数を供給側が配置することで売上金額が増える構造にあることが推察される。

直近4期分のトピックス

平成26年7-9月期
業種別、財別にみた輸入浸透度と生産、生産能力の動向について(PDF/834KB)
対個人サービスが足を引っ張った増税後の全産業活動(PDF/558KB)
平成26年4-6月期
消費税率引上げ後の反動の様相について(PDF/334KB)
我が国製造業の生産能力の推移について(PDF/408KB)
平成26年1-3月期
製造業の国内及び海外現地法人による出荷動向について(PDF/869KB)
平成25年10-12月期(年間回顧)
回復基調で推移した建設関連指数(PDF/488KB)

コラム

  1. 製造業の国内及び海外現地法人による出荷動向について(PDF/334KB)

  2. 製造業グローバル出荷指数は製造業に属する企業のグローバル展開の進展を踏まえ、国内及び海外の製造業の生産動向を「業種別」に一元的に捉えようとした指標である。26年7~9月期(最新)のグローバル出荷指数は前年同期比1.9%と5期連続の上昇となった。
  3. 消費増税による産業活動への影響~前回増税時(平成9年)との比較~(PDF/1,605KB)

  4. スライド版(PDF/1,576KB)
    消費増税後の産業活動について前回(9年)と今回(26年)を比較すると、今回は「鉱工業生産」の低下幅が相対的に大きく、回復の勢いも弱い。背景には増税による需要制約があったと推察されるため、鉱工業出荷の推移について比較を行うと、「輸出向け」が円安の進行にもかかわらず、26年を通じて出荷全体を押し下げていることがわかる。一方、「国内向け」は、増税後4か月は前回より落ち込みが大きくなったが、秋口からは徐々に持ち直し始めている。

目次

冊子別

過去(年別)

分野別

お知らせ

関連リンク

問い合わせ先

経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室
電話:03(3501)1644
E-mail:qqcebc@meti.go.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページのトップへ戻る

最終更新日:2015.2.26
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.