経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

省エネ型電子デバイス材料の評価技術の開発事業(機能性材料の社会実装を支える高速・高効率な安全性評価技術の開発・毒性関連ビッグデータを用いた人工知能による次世代型安全性予測手法の開発)

概要

 機能性化学物質は、IoTに密接に関わる高性能電池や次世代半導体等のイノベーションの源泉であり、優れた機能性を有する化学物質をいかに迅速に、効率的に開発するかが、我が国産業の競争力強化に向けた課題となっています。一方、機能性と毒性は不可分であり、機能性化学物質の開発段階から安全性を効率的に評価していく必要があります。現在、化学物質の研究開発コストの削減のため、及び動物愛護の観点から、欧米では動物を使った従来の毒性試験に替わる試験(インビトロ試験及びインシリコ手法)の開発が進展しています。本事業では、「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」で蓄積された質の高い動物実験データ等を用い、人工知能技術や毒性学等の最新の研究成果を活用し、既存の定量的構造活性相関(QSAR)やその他類推による方法では適用できない領域をカバーする高精度な有害性予測手法を開発することを目指します。
 
  •  事業期間(計画):平成29年度~平成33年度
  •  委託先:東京大学、昭和薬科大学、静岡県公立大学法人、化学物質評価研究機構、産業技術総合研究所、明治薬科大学、システム計画研究所

事前評価

  • 研究開発事業に係る技術評価書(事前評価)

お知らせ

AI-SHIPSプロジェクトでは、本プロジェクトと同様に有害性予測に関する活動を行っている海外の専門家との意見交換を目的として、海外から3名の専門家を招へいし、国際シンポジウムを開催することと致します。

1.日時・場所
 平成30年11月9日(金) 10:00~18:00
 大手町サンスカイルーム E室
 〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目6番1号 朝日生命大手町ビル24階

2.シンポジウム概要
 AI-SHIPS全体概要
 米国及び欧州での取り組み
 研究機関における状況報告
 ディスカッション
 プログラムはこちら

3.参加のお申込み
 みずほ情報総研株式会社のHPをご参照ください。
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.