ルール形成戦略研修

「2023年度ルール形成戦略研修」の受講者を募集します

 近年、環境分野やデジタル等に関する技術・サービスの開発競争が激しさを増す中、気候変動・人権・資源循環経済(サーキュラーエコノミー)などの世界的な社会課題解決を起点に、国際標準化をはじめ、規制・標準・ガイドライン等のルールの再編・新設を巡る動きが国際的に活発化しています。
 自社の重要課題に照らして重要度の高いルールの形成に、能動的・戦略的に参画・関与することは、持続可能な社会を前提に競争優位の長期的な発揮を図る観点からも有益です。
 ルール形成戦略を経営・事業戦略に組み込むためには、企業において経営・事業戦略に携わる方々等がルール形成戦略を理解することが極めて重要です。
 国際標準化業務に携わる方に加え、経営企画や事業戦略を担当する方、営業企画部門・研究開発部門等に所属される方にも是非この機会にルール形成戦略についてご理解を深めて頂き、ご自身の担当業務や組織の活動に生かして頂きたいと思いますので是非ご受講ください。

概要

開催日:①2024年 3月 4日 月曜日 9時30分~17時30分
    ②2024年 3月 8日 金曜日 9時30分~17時30分
    ※今年度は、あと二回の開催(①、②)がございます。どちらか一方にお申込み下さい。
場 所:ビジョンセンター田町(予定)
    東京都港区芝5-31-19(田町駅より徒歩約3分)
ぜひ受講いただきたい方:
   ・経営企画、事業戦略立案等に携わっている、もしくは今後携わる可能性がある方
   ・経営企画部、事業企画部等に所属している方
   ・技術開発部や知財部、品質保証部等で標準化に携わっており、市場戦略アプローチを学びたい方
   ・社会課題解決型事業の開発・拡大に取り組む方
   ・標準化活動や渉外活動に熱意を持って取り組んでいる方 等
定 員:各回ともに20名前後
    (選考を実施する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。)
参加費:無料

応募方法

一般財団法人日本規格協会ウェブサイトより募集要項等ご確認ください。
※本プログラムは、一般財団法人日本規格協会に委託して実施する事業です。

締 切:2024年 2月 16日 金曜日

プログラム及び講師

事例をもとにグループワークでのケーススタディを通じ、実際にルール形成戦略の立案を行います。
 

①3月4日(月)開催分


 ※開催回毎に若干内容が異なります。
 
講師紹介
鈴木 一矢
株式会社ドリームインキュベータ執行役員。ノースウェスタン大学ケロッグスクール経営学修士(MBA)。
ソニー株式会社、ブーズ・アンド・カンパニー(現PWC Strategy&)を経て、株式会社ドリームインキュベータ(DI)に参加。「インベンションをイノベーションに」をライフワークとし、ソニーではディスプレイデバイスの新事業開発、ビジネススクールでは大学発のナノテク・ベンチャー立上げに関与するなど一貫して事業創造に取組む。DIでは、様々な業界の企業に対してルール形成を絡めた新規事業開発の支援に従事。また日経BP主催の「CTO30会議」「ビジネスプロデュース会議」など様々なセミナー/研修の企画運営や講師も務める。

 

②3月8日(金)開催分


 ※開催回毎に若干内容が異なります。
 
講師紹介
糸久 正人
法政大学社会学部/同大学院公共政策研究科・准教授/ソーシャルイノベーションセンター・センター長。
技術経営およびイノベーション・マネジメントが専門。標準化・ルール形成戦略の観点から、グリーンイノベーション、自動運転、バイオものづくり、ドローン等、幅広い技術分野の専門委員を歴任している。経済産業省、NEDO、日本生産性本部、日本能率協会などで様々な研究講師を務める。

お問合せ先

産業技術環境局 基準認証政策課
電話:03-3501-9232
FAX:03-3580-1418

最終更新日:2024年1月18日