1. ホーム
  2. 政策について
  3. 政策一覧
  4. エネルギー・環境
  5. 温暖化対策
  6. 気候変動に関連した情報開示の動向(TCFD)

気候変動に関連した情報開示の動向(TCFD)

1.TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)

(1)TCFDとは

TCFD公式ウェブサイト外部リンク(英語)
 

(2)TCFDの活動内容

TCFD最終報告書の表紙
TCFD最終報告書
  • 2017年6月、TCFDは提言をまとめた最終報告書(TCFD提言)を公表しました。
  • また、TCFD提言に対する実際の開示状況をまとめたステータスレポートを、2018年より毎年公表しています。

(3)TCFD開示

ガバナンス 気候関連リスク・機会についての組織のガバナンス
戦略 気候関連リスク・機会がもたらす事業・戦略、財務計画への実際の/潜在的影響(2度シナリオ等に照らした分析を含む)
リスク管理 気候関連リスクの識別・評価・管理方法
指標と目標 気候関連リスク・機会を評価・管理する際の指標とその目標
(出所)経済産業省 長期地球温暖化対策プラットフォーム「国内投資拡大タスクフォース」(第5回会合) 資料3(東京海上ホールディングス株式会社 長村様 御提出資料)より一部修正
 

(4)TCFDへの賛同

 

2.TCFDに関する日本の取組

(1)TCFD研究会の開催

(2)TCFDコンソーシアム

(a)概要

TCFDコンソーシアム公式ウェブサイト外部リンク

TCFDコンソーシアムは、民間主導の団体です。入会をご希望の場合は、TCFDコンソーシアムHPより、入会手続きを実施ください。
※TCFDへの賛同表明と、TCFDコンソーシアムへの入会は、別々の手続きが必要です。
 

(b)TCFDコンソーシアムの活動指針に関する宣言

  1. 私達は、気候変動問題は世界共通の課題であると認識し、その解決のためにはイノベーションを起こすとともに、その成果を社会の隅々にまで普及していくことが不可欠だと考えます。
  2. 私達は、気候変動対策におけるビジネスの役割の大きさを認識し、気候変動に伴うリスクを適切に管理するとともに、積極的にイノベーションに取り組み、それを開示していきます。また、その情報を活用し、イノベーションに取り組む企業に資金を供給し、「環境と成長の好循環」を実現していきます。
  3. 私達は、効果的な情報開示の在り方や開示された情報の活用の仕方について、本コンソーシアムにおいて積極的な対話を行い、相互の理解を深め、国際的にも発信していきます。
 

(c)活動の成果

TCFDガイダンス2.0(TCFDガイダンスの改訂)
  • TCFDガイダンス2.0では、事業会社がTCFD開示を行うにあたっての、解説や参考となる事例を紹介しています。
  • ガイダンスとあわせて公開された事例集では、ガイダンスの補完を目的として、TCFD提言に沿った具体的な情報開示の事例を収集しています。主に、TCFDガイダンス2.0の第2章における解説項目に対する、実際の開示事例を紹介しています。
  • また、TCFDガイダンス2.0の第3章「業種別の開示推奨項目」では、業種ごとに事業会社の取組があらわれる「視点」を提供しています。こちらに加えて、国土交通省により国土交通省により「不動産分野における『気候関連財務情報開示タスクフォースの提言』対応のためのガイダンス(不動産分野TCFD対応ガイダンス)」が策定されています。
グリーン投資ガイダンス2.0
  • グリーン投資ガイダンス2.0では、投資家等が開示情報を読み解く際の視点について解説しています。
  • 加えて、投資家等の視点に対する企業側の理解が深まり、さらなる開示につながることを期待しています。
 

(3)TCFDサミットの開催

2019年10月8日
【TCFDサミット2019】世界の先進的な取組を行っている産業界・金融界のリーダーが集結し、TCFDの課題や今後の方向性をすることを目的として、世界初となるTCFDサミットを開催しました。
2020年10月9日
【TCFDサミット2020】「環境と成長の好循環」の加速に向けて、TCFD提言を実務に定着させるための国際的な議論を日本がリードしていくことを目的として、オンラインにて開催しました。
2021年10月5日
【TCFDサミット2021】産業界・金融界のリーダーが適切な投資判断の基盤となる開示の拡充を促すべく、更なるTCFD提言の活用に向けて議論しました。

TCFDサミット公式ウェブサイト外部リンク
 

3.よくあるご質問

  • 現在、国内外ともにTCFDへの賛同を検討する機関が非常に増えており、TCFD事務局・TCFDコンソーシアム事務局とも業務がひっ迫している状況です。通常よりも対応に時間がかかることが予測されますので、お問い合せ等は余裕を持って行っていただくよう、お願い申し上げます。
  • 本ページに記載の内容と重複するご質問を多くいただいております。お問合せいただく前に、「TCFDに関するよくあるご質問」をご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

TCFDに関するよくあるご質問Excelファイル

お問合せ先

経済産業省 産業技術環境局 環境経済室
住所:東京都千代田区霞が関1-3-1
電話:03-3501-1770(内線3453~3455)
FAX:03-3501-7697
MAIL:kankyo-kinyu@meti.go.jp

最終更新日:2022年7月27日