経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

キャッシュレス

最新・注目情報


  • キャッシュレス・消費者還元事業の登録を開始しました。詳細は下記をクリックして、キャッシュレス・消費者還元事業専用サイトをご覧ください。
 
ポイント還元事業への申請等に関するお問合せは下記のコールセンターへ
ポイント還元事業窓口

キャッシュレスとは

  • 現状、「キャッシュレス」については、必ずしも、広範に共通的に認識されている定義があるわけではありませんが、例えば、「キャッシュレス・ビジョン」では、「物理的な現金(紙幣・硬貨)を使用しなくても活動できる状態」を指すこととしています。
  • 現在、多種多様なキャッシュレス手段が登場しています。例えば、「クレジットカード」、「電子マネー」、「デビットカード」、スマートフォンを使った「QRコード」などの種類があります。タッチ式の決済であればスピーディーな決済、QRコードであればアプリ上で購買履歴が参照できるといったメリットがそれぞれに存在しています。実際にお金を払うタイミングについても、例えば、予めお金を入金して使う、電子マネーに代表される「前払い」、買い物時に口座から引き落とされるデビットカードの「即時払い」、クレジットカードの「後払い」といった類型が存在します。
  • このようにキャッシュレス決済手段には多様なものが存在します。消費者自身が自らの消費行動や利用場面(例えば高額決済であれば高いセキュリティが確保されたサインや暗証方式、低額決済であればサイン不要のタッチ式)に応じて使い易い決済手段を使い分けることができます。

キャッシュレスの意義

  • キャッシュレスの推進は、消費者に利便性をもたらし、事業者の生産性向上につながる取組です。消費者には、消費履歴の情報のデータ化により、家計管理が簡易になる、大量に現金を持ち歩かずに買い物ができるなとのメリットがあります。事業者には、レジ締めや現金取り扱いの時間の短縮、キャッシュレス決済に慣れた外国人観光客の需要の取り込み、データ化された購買情報を活用した高度なマーケティングの実現などのメリットがあります。
  • 経済産業省ではキャッシュレスの紹介・普及を目的として、消費者向け、事業者向けの動画を作成してます。以下の動画を御覧ください。
 〇動画 
キャッシュレス説明動画(消費者向け) キャッシュレス説明動画(事業者)

経済産業省の取組

  • 近年、クレジットカードのみならず、新しい支払いサービスも登場するなど、キャッシュレスの支払い方法は多様化しており、今後も様々なサービスが登場することが予想されます。
  • このような現状を踏まえ、経済産業省では、2017年11月から3月まで、「キャッシュレス検討会」を実施し今後のキャッシュレス社会の在り方について検討し、「キャッシュレス・ビジョン」をとりまとめました。
  • キャッシュレス・ビジョンにおける提言に基づいて、2018年7月に
 を立ち上げました。協議会では、産学官連携でプロジェクトベースでキャッシュレスに関する様々な課題について取り組んでいます。詳細は、「(一社)キャッシュレス推進協議会の設立とその取組」を御覧ください。
  • さらに、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する「キャッシュレス・消費者還元事業」を実施することとしています。
  • 本事業や、キャッシュレス推進協議会での取組などを通して、キャッシュレス普及の促進を図ってまいります。

(一社)キャッシュレス推進協議会の設立とその取組

民間の取組み(事例集)

準備中 coming soon...
 

キャッシュレスに関するパンフレット

  • 経済産業省ではキャッシュレスの紹介・普及を目的として、消費者向け、事業者向けのパンプレットを作成しています。
 〇キャッシュレスパンフレット
     
 〇キャッシュレス用語集
 

ニュースリリース一覧

関連リンク

お問合せ先

商務・サービスグループ
キャッシュレス推進室
電話:03-3501-1252
FAX:03-3501-6204
 
最終更新日:2019年9月20日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.