女性の健康の取組について

背景

労働人口が減少する日本社会において、多様な人材が心身ともに健康に働けるよう経営者が戦略的に投資する「健康経営」の意義は益々高まっています。そこで、より質の高い健康経営を実践していくためには、従業員一人一人の状況を丁寧に把握し、必要な対応をとっていく必要があります。その重要な要素の1つである女性特有の健康課題は、業務効率や就業継続にも大きな影響を与えており、経営者が十分に理解し、職場環境などを適切に整備することで改善が期待される重点的テーマといえます。 

関連資料(調査報告書等)

令和5年度(令和6年2月)※令和6年5月一部追記 平成30年度(平成31年3月) 平成29年度(平成30年3月)

関連政策

健康経営についてはこちら

お問合せ先

商務・サービスグループ ヘルスケア産業課
代表電話:03-3501-1511 内線:4041

最終更新日:2024年5月27日