再生・細胞医療・遺伝子治療

令和4年度予算

PR資料

再生・細胞医療・遺伝子治療について

 再生・細胞医療・遺伝子治療は、怪我や病気で失われた体の細胞や機能を回復する次世代の治療であり、これまで根治が難しかった疾患を治療しうる技術として世界的に大きな期待を寄せられる分野です。市場も急速に拡大しており、特に、細胞・遺伝子治療の市場に関しては、2030年まで年率30%以上の成長率で拡大することを見込まれるなど、産業上の重要性も高い分野であると言えます。
 一方で、実用化にあたっては、安全性や製造技術等に関する技術的課題や、研究開発にかかるコストや費用が大きいことによる社会的課題、この分野の実態に沿った規制・制度の整備などの法的課題、基礎研究の更なる充実の必要性など、様々な課題が存在します。
  政府としては、日本医療研究開発機構(AMED)を一元的な執行機関とし、文部科学省、厚生労働省、経済産業省で連携をしながら、再生医療の実用化に取り組んできました。中でも経済産業省では、再生・細胞医療・遺伝子治療の産業化に向けて、基盤となる製造技術の開発や、原料供給等のサプライチェーンの整備等に取り組んでおります。

再生・細胞医療・遺伝子治療に関する支援の紹介

 経済産業省が行う再生・細胞医療・遺伝子治療(以下、「再生医療」とします。)に関する取組のほか、この分野に関わる企業・研究者の皆様が利用できる可能性の高い支援策として、中小企業庁、文部科学省、厚生労働省等の取組の一部を掲載しています。
     再生医療に限定した支援策のほか、中小企業を対象にした補助金や相談窓口なども活用いただけます。
 中小企業向け補助金・総合支援サイト「ミラサポplus」では、中小企業支援施策(制度)の検索や、各制度の内容・申請方法等の確認ができますので、ぜひご参照ください。
 


関連調査・ガイダンスなど

 本調査は、①再生医療および遺伝子治療領域の国内外の研究開発動向や製品化動向を調査・分析し、その他の医療技術との競合状況を踏まえた上で、②国内外の再生医療および遺伝子治療領域の市場調査と市場予測を実施します。その上で、③再生医療および遺伝子治療の産業化将来予測および市場獲得のためのシナリオを提示し、我が国の当該分野発展のための施策・支援のあり方を検討したものです。
   本ガイダンスは、ヒト細胞原料の供給を目指す医療機関等及び、これを利用して再生医療等製品の製造を目指す企業等を支援するため、安定的なヒト細胞原料の供給及びトレーサビリティの確保、供給体制の持続可能な運営を可能とするための法的・倫理的・社会的な側面について検討・整理したものです。
実務の参考として活用ください。

関連する会議等

お問合せ先

商務・サービスグループ 生物化学産業課
電話:03-3501-8625(直通)
FAX:03-3501-0197

最終更新日:2022年4月21日