概要

 研究開発税制とは、企業が研究開発を行っている場合に、法人税額から、試験研究費の額に税額控除割合(6%~14%)を乗じた金額を控除できる制度です。ただし、法人税額に対する控除上限があります(総額型と呼ばれる本体部分は、法人税額の25%)。
 民間企業の研究開発投資を維持・拡大することにより、イノベーション創出に繋がる中長期・革新的な研究開発等を促し、我が国の成長力・国際競争力を強化することを目的としています。
 
 特別試験研究費税額控除制度に関する概要はこちらをご覧ください。

Q&A

過去の改正について

参考情報

お問合せ先

産業技術環境局 技術振興・大学連携推進課 森下、梶本
電話:03-3501-1512+(自動音声後(1822313)入力(森下))
お問い合わせ時間:平日9時30分~18時00分

※現在、原則リモートワークを実施しております。お問い合わせへの対応に影響をきたすことがないよう、最大限体制を整えて対応してまいります。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 

最終更新日:2021年10月1日