1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2024年度6月一覧
  5. 第6回日タイエネルギー政策対話を実施しました

第6回日タイエネルギー政策対話を実施しました

2024年6月6日

【2024年6月6日 発表資料更新】発表資料中に誤りがございましたので修正しました。
経済産業省とタイ王国エネルギー省は第6回日タイエネルギー政策対話を実施しました。政策対話では、両国のエネルギー政策に関して意見交換を行ったほか、3件のカーボンニュートラルに向けた協力に関する覚書等を歓迎しました。また、山梨県のグリーン水素研究施設がある米倉山電力貯蔵技術研究サイトを訪問し意見交換しました。

1.日タイエネルギー政策対話

6月4日、資源エネルギー庁木原国際カーボンニュートラル政策統括調整官は、タイ王国エネルギー省プラサート次官と、「日本国経済産業省とタイ王国エネルギー省との間のエネルギーパートナーシップ実現に関する協力覚書」(2022年1月)に基づき、政策対話を行いました。
本政策対話では、アジア・ゼロエミッション共同体(AZEC)における協力を確認するとともに、タイのカーボンニュートラル実現に向け、電力、産業、運輸等の部門における脱炭素化に向けた取組や、脱炭素に向けた投資を促進するための政策手法等について、意見交換を行いました。

画像1

 

2.カーボンニュートラル実現に向けた協力に関する覚書等

同日、以下3件の覚書等について、木原国際カーボンニュートラル政策統括調整官とプラサート次官が歓迎しました。

タイ王国エネルギー省と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「省エネルギー、代替エネルギー等の分野におけるイノベーション及び技術開発の促進に係る基本合意書(LOI)」外部リンク

画像2

The Electricity Generating Authority of Thailand (EGAT;タイ国電力公社)と三菱重工業株式会社「大型ガスタービン向け水素混焼技術導入の検討に関するMOU」外部リンク

画像3

The Electricity Generating Authority of Thailand (EGAT;タイ国電力公社)と株式会社IHI「バイオマスペレット製造及び燃焼試験に向けた技術・経済性検討に関する覚書」

画像4

3.米倉山電力貯蔵技術研究サイト訪問

6月5日、山梨県の米倉山電力貯蔵技術研究サイトを訪問し、太陽光発電などの電力で水を電気分解して水素ガスを製造し、貯蔵・輸送、利用までを含めたPower to Gasシステムについて意見交換を行いました。

担当

資源エネルギー庁 長官官房 国際課長 白井
担当者:野﨑、猪里
電話:03-3501-1511(内線 4491)
メール:bzl-kokusaika-france★meti.go.jp
※[★]を[@]に置き換えてください。