経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール
  • 印刷

活況を呈する国内ゲームソフト産業;ゲームソフト産業の今後の見通しは?

巣ごもり需要で売上が伸びたゲームソフト業界

2020年、世界的に大流行した新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの産業が苦境に陥りましたが、一方で、生活様式の変化がプラスに働き、売上を伸ばした産業もあります。

その一つに、ゲームソフト産業があります。2020年4月の緊急事態宣言が発出された時期に、Nintendo Switchソフト「あつまれ どうぶつの森」が爆発的にヒットしたことは、記憶に残っている方も多いと思います。

第3次産業活動指数のゲームソフト指数を確認すると、2020年4月に大幅に上昇していることが確認できます。

また、任天堂株式会社が公表しているNintendo Switchソフトの販売本数を見ると、感染症の影響が大きかった2020年4月~2021年3月における販売本数は、「あつまれ どうぶつの森」が群を抜いていることが分かります。

一方で、その販売は国内だけでなく、海外でも大きく伸びており、世界的な人気であったことが見て取れます。

ゲームソフト販売競争の主戦場は海外市場へ

「あつまれ どうぶつの森」は国内よりも海外での売上本数が多くなっていますが、前述に示したグラフにもあるとおり、売上本数の高いソフトは、国内販売数よりも海外販売数の方が断然多くなっています。

国内のゲームソフトメーカーの売上高は、右肩上がりとなっており、コロナ禍の2020年においても順調に売上を伸ばしています。

一方で、国内のゲームソフト市場は減少傾向となっていますが、国内メーカーの売上高は、国内市場規模を大きく超える額となっており、売上の多くは海外市場で稼ぎ出しているものと考えられます。

ゲームスタイルの変化が産業構造の変化へ

海外市場が主戦場となっているゲームソフト産業ですが、海外のゲームソフト市場規模は、前述のグラフにあるとおり、減少傾向となっています。

ゲームソフト産業が活況に見える影で、市場規模自体が縮小している背景には、消費者のゲームに向き合うスタイルの変化が要因の一つとして考えられます。

現在、様々なゲーム機が全世界で販売されており、最も販売台数が多いゲーム機は、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」となっています。国内においても、家庭用ゲーム機の保有率のトップは携帯型ゲーム機であるとの調査結果もあります。

ゲームの楽しみ方が、家庭でじっくり楽しむよりも、電車での移動時間や待ち時間といった合間の時間を使って楽しむスタイルに変化していることが、携帯型ゲーム機が広く普及した要因とも考えられます。

ゲームの楽しみ方の変化は、ゲームソフト市場の構造にも大きな変化をもたらしています。これまで、ゲームソフトは、専用ゲーム機で使用するものが中心でしたが、現在は、スマートフォンを始めとしたスマートデバイス用のゲームアプリが伸びており、その市場規模は、専用ゲーム機向けのゲームソフト市場の8倍以上の規模となっています。

また、スマートデバイス用ゲームアプリの市場規模は、世界的にも拡大しており、2015年は日本が最大の市場でしたが、2019年では、1位中国、2位アメリカ、3位日本と、日本以外の市場が拡大しています。

このような流れが進むことによって、ゲームソフト産業がどのように変化をしていくのかが注目すべきポイントと考えられます。

問合せ先

経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室
電話: 03-3501-1511(代表)(内線2851)、03-3501-1644(直通)
FAX : 03-3501-7775
E-MAIL : qqcebc@meti.go.jpメールリンク

過去のひと言解説一覧へ

最終更新日:2021年7月21日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.