経済産業省
文字サイズ変更

海外事業活動基本調査

1.我が国企業の海外進出の状況


  1.  93年初の円高を契機に始まった製造業の海外進出は、95年度においても高い水準を維持。製造業の進出は443件と前年度に続き過去最高を更新。(第1-1図)
  2.  このうち、約8割(346社)がアジアへの進出。その過半数(184社)が中国への進出で、これに次ぐのは、ASEAN4の107社。(第1-2表)

ページのトップへ戻る

  •  製造業業種別には、電気機械の125社、輸送機械の78社が多い。輸送機械の進出数は、93年度の進出数と比べると2.4倍の急増。(第1-3図)
  •  他方、非製造業の進出については90年度をピークに漸減傾向(95年度は90年度の6割弱の水準)。地域別には、北米・ヨーロッパへの進出が大幅に減少し、アジアへの進出が増加(過半数を占める)。アジアでは、製造業と対照的に、NIEs4が最大の進出先。

設立時期別現地法人数

地域別95年新規設立現地法人数

業種別設立年度別現地法人数(製造業)

ページのトップへ戻る

  •  95年度末の現地法人数は10,416社。うち製造業が5,243社(シェア50.3%)、非製造業が5,173社(同49.7%)とシェアを分け合っている。
  •  地域別に見ると、製造業では、アジアが過半数を占め、非製造業では、アジア、北米、ヨーロッパでほぼシェアを等分している。(第1-4表)
  •  電気機械、輸送機械、一般機械、精密機械の機械四業種で、製造業全体の51.3%と過半数を占める。(第1-5図)

地域別95年度末現地法人数

95年度末現地法人構成(製造業)社数(シェア)

ページのトップへ戻る

最終更新日:2007.10.1
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.