経済産業省
文字サイズ変更

コンテンツ産業

「コンテンツ産業」とは、映画、アニメ、ゲーム、書籍、音楽等の制作・流通を担う産業の総称。

研究会等

出版物の流通促進に向けた契約の在り方に関する検討会(平成25年度~)

趣旨

昨今、我が国における出版物の市場規模は年々縮小傾向にある一方で、電子出版物の市場は拡大傾向にある。しかしながら、現状において、電子出版に対応した契約については、まだ十分に議論がなされているとはいえず、また、出版物の電子化に伴う、出版に関する契約の見直しについては、従来の紙の出版物に係る契約に影響を及ぼす部分も存在し、併せて検討する必要がある。
そこで、経済産業省では、著作者、出版者、有識者による上記検討会を開催し、主に「契約」に関する課題についての幅広い議論を通じ、出版物の電子化や二次利用を含めた、今後のビジネスモデルを検討する上で必要となる関連項目の論点整理を行った。

報告書

調査・報告書

平成26年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業

  • 海外における日本由来コンテンツの市場シェアの推定
    ⇒海外のコンテンツ市場規模及びそれに占める日本由来コンテンツのシェアを推定し、日本のコンテンツ産業の海外展開の進捗を把握。
  • コンテンツの海外展開における知的財産の管理および活用の課題の抽出
    ⇒日本のコンテンツ産業の海外展開における知的財産の管理と活用のベストプラクティスや課題を抽出。(コンテンツ産業の企業へのインタビュー及びアンケート調査を実施)

国際会議等

日中韓文化コンテンツ産業フォーラム

日中韓文化コンテンツ産業フォーラムは、日中韓3カ国におけるコンテンツ産業政策、動向に関する継続的な情報交換及び各国産業界間のビジネスチャンス創出のため、2002年に創設されました。
2009年の第8回以降しばらく中断されていましたが、2016年6月、ソウルにて第9回が開催されました。

第9回日中韓文化コンテンツ産業フォーラム
開催日:2016年6月16日
開催国:韓国

アジア・コンテンツ・ビジネス・サミット(ACBS)

アジア・コンテンツ・ビジネス・サミット(ACBS)はアジアコンテンツ産業における協力強化を目指し、アジアコンテンツ市場の拡大、国際共同製作、人材交流等の国際的な課題に取り組んでいくため、2008年に創設されました。
2016年9月、クアラるンプールにて第5回を開催。

第5回アジア・コンテンツ・ビジネス・サミット
開催日:2016年9月22日
第4回アジア・コンテンツ・ビジネス・サミット
開催日:2014年10月21日~22日
第3回アジア・コンテンツ・ビジネス・サミット
開催日:2011年12月8日~9日
開催国:シンガポール
第2回アジア・コンテンツ・ビジネス・サミット
開催日:2011年2月21日~22日
開催国:タイ
第1回アジア・コンテンツ・ビジネス・サミット
開催日:2009年10月15日~16日
開催国:日本

ERIA映像コンテンツ産業研究プロジェクト

2012年度、経済産業省の提案により、東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)の研究プロジェクトとして、同地域における映像コンテンツの新産業としての発展可能性・流通促進に関する研究を開始しました。日本、中国、フィリピン、インドネシア、韓国、マレーシア、シンガポール、タイの計8カ国の政府関係者がWGメンバーとして研究に取り組んでいます。
第1フェーズでは、放送・配信市場、映像コンテンツの海外流通の状況把握、音響映像コンテンツを核とした雇用創出効果、周辺産業への経済波及効果等を分析しました。
第2フェーズでは、コンテンツ分野における各国の各種施策の効果分析を実施し、域内のコンテンツ流通・コンテンツ産業振興を促進するための政策提言を行う予定です。
第1フェーズ報告書は、ERIAのHP上で公開しています:http://www.eria.org/publications/research_project_reports/FY2012-no.13.html外部リンク

お問合せ先

商務情報政策局 文化情報関連産業課(メディア・コンテンツ課)
電話:03-3501-9537(直通)
FAX:03-3501-1599

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.