経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

GHS分類に関するツール

JIS規格

現在、GHSに関連する以下のJISが制定されています。JIS規格は、日本産業標準調査会(JISC)外部リンクのサイトで閲覧できます。(日本語JISのみ)

画面右側「データベース検索」「JIS検索」→JIS番号(例:Z7253)を入力
英語版のJIS規格の有無は財団法人日本規格協会(JSA)外部リンクで検索できます。

JIS Z7252:2019 GHSに基づく化学物質等の分類方法(Classification of chemical based on “Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals (GHS)”)
GHSの分類方法を規定し、国連GHS文書改訂第6版に対応させて、2019年5月に制定されました。

JIS Z7253:2019 GHSに基づく化学品の危険有害性情報の伝達方法-ラベル、作業場内の表示及び安全データシート(SDS)(Hazard communication of chemicals based on GHS-Labelling and Safety Data Sheet(SDS))
SDS及びラベル表示方法を規定し、国連GHS文書改訂第6版に対応させて、2019年5月に制定されました。

GHS分類ガイダンス

GHS分類をより正確かつ効率的に実施するための手引き(参考)となり、国連GHS文書改訂6版に基づくJIS Z 7252:2019に対応しております。
GHS分類ガイダンスは、関係省庁にてGHS分類を効率的に実施するための「政府向けGHS分類ガイダンス」と事業者がGHS分類を効率的に実施するための「事業者向けGHS分類ガイダンス」に分かれております。以下ページからダウンロードしてください。

政府向け・事業者向けGHS分類ガイダンスのダウンロードはこちら

GHS混合物分類判定システム

経済産業省は、事業者による混合物のGHS分類を支援することを目的にGHS混合物分類判定システム(インストール版)の作成・公表を行いました。2021年4月1日より、独立行政法人製品評価技術基盤機構において、WEB版のGHS混合物分類判定ラベル/SDS作成支援システム(NITE-Gmiccs)の運用が開始されました。これにより従来のインストール版の混合物分類判定システムの更新は終了しました。

NITE-Gmiccsはインストール版GHS混合物分類判定システムと同じ機能を備え、さらに、化学品の安全データシート(SDS)の作成等、複数の機能が追加されております。今後はより機能が充実したNITE-Gmiccsをご利用ください。
なお、これまでインストール版GHS混合物分類判定システムでご利用いただいておりました製品情報、化学物質情報につきまして、NITE-Gmiccsで活用いただけるよう移行ツールを公表しております。詳細は以下ページをご確認ください。
 

GHS混合物分類判定システム(NITE-Gmiccs移行ツール掲載)のページへ

WEB版 GHS混合物分類判定ラベル/SDS作成支援システム(NITE-Gmiccs)のページへ外部リンク

 

(参考)国連GHS文書改訂第6版(2015年)の仮訳

JIS Z 7252:2019及びJIS Z 7253:2019、GHS分類ガイダンス、GHS混合物分類判定システムは国連GHS文書改訂第6版(2015年)に対応しております。なお、GHS原文に関する著作権は、すべて国連に帰属します。  

なお、国連GHS文書は改訂第9版が最新版となります。詳細は以下ページをご確認ください。  

国連GHS文書のページへ

 

 

お問合せ先

製造産業局 化学物質管理課 化学物質リスク評価室
電話:03-3501-0080(直通)
FAX:03-3580-6347
お問合せメールフォーム: https://mm-enquete-cnt.meti.go.jp/form/pub/kagaku/kannrika_toiawase

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.