経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

組織形態に関わる制度の創設・整備

有限責任事業組合(LLP)制度や投資事業有限責任組合契約に関する法律(LPS法)等、経済活動を行う個人・法人の多様なニーズに即した組織形態について検討しています。

有限責任事業組合(LLP)制度について

有限責任事業組合(LLP)は、創業を促し、企業同士のジョイント・ベンチャーや専門的な能力を持つ人材の共同事業を振興するために創設した、1.出資者全員の有限責任、2.内部自治の徹底、3.構成員課税の適用という特徴を併せ持つ法人格のない組織形態です。

※有限責任組織に関する検討

平成14年12月より「有限責任組織(LLC等)に関する研究会」(財団法人 企業活力研究所に設定)を開催し、有限責任の人的組織制度に対するニーズ、諸外国の状況等について調査するとともに、我が国への導入の際の論点について検討を行いました。

投資事業有限責任組合契約に関する法律(LPS法)について

投資事業有限責任事業組合は、多様な資金調達方法の確保や信用創造機能の強化のために創設した投資家(有限責任組合員)の有限責任を確保しました。

お問合せ先

経済産業政策局産業組織課
電話:03-3501-6521(直通)
FAX:03-3501-6046

最終更新日:2010年5月10日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.