ローカルベンチマーク(ロカベン)シート

ローカルベンチマーク(ロカベン)シート

個別企業の経営状態を把握するためのローカルベンチマーク・シートです。
※「6つの指標」(財務面)、「商流・業務フロー」、「4つの視点」(非財務面)の3枚組のシートです。

「活動レポート」(ローカルベンチマーク)

Excel形式のシート以外にも、中小企業庁が運営するwebサイト(ミラサポplus)で、ローカルベンチマークを作成できます。(主に企業経営者の方がご利用されることを想定)

ミラサポplus上の「活動レポート(ローカルベンチマーク)」は、作成補助機能(入力フォームなど)があります。
「活動レポート(ローカルベンチマーク)」をプロフィールや企業概要の代わりとして、対話のきっかけとして、ご活用下さい。ご利用にはミラサポplusへの会員登録が必要です。
令和3年4月、企業情報の記入方法の改修を行ったほか、非財務シートを任意の相手に共有できる「共有機能」を実装しました。

RESAS(地域経済分析システム)

RESAS(地域経済分析システム)は、地域経済に関する様々なビックデータ(産業の強み、人の流れ、人口動態など)を地図やグラフで、分かりやすく「見える化(明確化)」したシステムです。インターネットのwebサイト上で、誰でも無料で利用できます。

ローカルベンチマークでは、個別企業の経営状態を把握する前に、企業が立地する地域の状態を把握しておくことを推奨しています。(RESASを活用した地域実態の把握をロカベンの第一段階、ロカベンシートを使った個別企業実態の把握を第二段階と呼びます)

企業の経営状態と共に人口動態や産業構造、観光やまちづくりなど地域の状態を把握することで、より深い経営分析が可能となります。ロカベンシートを活用した企業経営の実態把握と合わせて、地域についても知ることで、経営改善に繋がります。

V-RESAS(新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響の可視化)

RESASの他にも、地域の実態を把握する手がかりとして、V-RESASも有効です。
V-RESASは、新型コロナウイルス感染症 [COVID-19] が、地域経済に与える影響の把握及び地域再活性化施策の検討におけるデータの活用を目的とした見える化を行っているサイトです。
人流、消費、飲食、宿泊、イベントなどの動向を知ることができます。

お問合せ先

経済産業政策局 産業資金課
電話:03-3501-1676(直通)
E-MAIL:locaben@meti.go.jp

※事業再構築補助金の申請に係るローカルベンチマークのお問い合わせは、事業再構築補助金事務局外部リンクへご連絡ください。

最終更新日:2021年9月9日