経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

浸水した太陽電池発電設備による感電事故防止について(注意喚起)

本件の概要

令和元年10月31日

台風など豪雨の影響で、河川氾濫等により、各地で浸水被害が発生しています。太陽電池発電設備の感電事故を防止するため、設置者におかれては、以下の点にご注意いただきますようお願いいたします。

1. 太陽電池発電設備の浸水対策
(1)設置場所の洪水ハザードマップ等の確認
         洪水時の浸水被害を最小限にするためには、平時より水害リスクを認識したうえで、対策を立てていただくことが重要です。
         太陽電池発電設備(太陽電池パネル、架台・支持物、集電箱、パワーコンディショナ及び受変電設備(キュービクル等))の設置場所が、河川氾濫した場合に浸水が想定される区域であるかどうかを、国土交通省や都道府県のホームページ等で公表されている洪水浸水想定区域図や市区町村のホームページ等で公表されている洪水ハザードマップで確認してください。 
(2)パワーコンディショナなどの機器移設による浸水リスクの回避
         太陽電池発電設備の設置場所が、河川氾濫した場合に浸水が想定される区域である場合は、パワーコンディショナや集電箱などの機器を、想定される浸水深より高い位置に移設するなど、浸水リスクの回避を検討してください。

2. 浸水してしまった時の対応
・浸水した太陽電池発電設備は、接近すると感電するおそれがあるので、一般の住民の皆様も含めてむやみに近づかないようにしてください。
・太陽電池パネルは、光が当たれば発電をすることがありえます。このため、素手で触ると感電するおそれがあります。周囲にロープを張るなど、関係者以外が不用意に立ち入らないような対策を行ってください。
・被害の対処にあたっては、50kW未満の太陽電池発電設備の場合は、販売施工業者に、50kW以上の太陽電池発電設備の場合は、選任されている電気主任技術者に連絡し、太陽電池発電設備に充分な知見のある者が作業を行うようにしてください。
・復旧作業等でやむを得ず取り扱う場合は、ゴム手袋、ゴム長靴着用等の感電対策を行ってください。水が引いた後であっても集電箱内部やパワーコンディショナ内部に水分が残っていることも考えられます。この場合、触ると感電するおそれがありますので、感電対策を行い、感電事故防止に努めてください。

3. 産業保安監督部や経済産業省への連絡
・50kW以上の太陽電池発電設備の設置者におかれては、設置者による事故報告※が必要となる場合がありますので、被害の発生を知ってから24時間以内に、最寄りの産業保安監督部へ報告してください。
・それ以外の皆様におかれても、浸水した太陽電池発電設備を見かけたら、感電のおそれがありますので、最寄りの産業保安監督部や経済産業省または設置者までお知らせいただきますようお願いします。

※ 電気事業法第106条

以 上

お問合せ先

産業保安グループ 電力安全課
電話(03)3501-1742(直通)

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.