経済産業省
文字サイズ変更

排出量等の算出方法

PRTR制度では、把握対象年度1年間において、第1種指定化学物質の環境(大気・公共用水域・土壌)へ排出される量(排出量)及び対象物質を含む廃棄物が事業所外へ移動される量(移動量)について、把握(算出)し届け出ることとなっています。

この算出にあたっては、排出量等の数値が機器の運転条件や原材料の性状等に大きく依存することがあるので、製造・使用工程によっては実測により把握することが実際的でない場合があります。このため、PRTR制度においては、他の規制制度等とは異なり、実測以外の方法でも排出量等を把握してよいこととなっています。

具体的には、次の方法により把握を行うこととされています。

  • 物質収支を用いる方法
  • 実測値を用いる方法
  • 排出係数を用いる方法
  • 蒸気圧、溶解度等の物性値を用いる方法

その他、的確に排出量を算出できると認められる方法でも把握を行うことが出来ます。

これらの方法による算出の基本的考え方等について解説した各種マニュアルが整備されています。

各種算出マニュアル

その他PRTR排出量等の算出に役立つ情報

パソコン画面上でPRTR届出書の作成や、燃料小売業の排出量の算出が行えます。

関連する情報

お問合せ先

製造産業局 化学物質管理課 化学物質リスク評価室
電話:03-3501-0080(一般的なお問合せ、PRTR開示請求)
FAX:03-3580-6347
e-mail:qqhbbf@meti.go.jpメールリンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.