経済産業省
文字サイズ変更

【試験調査】ビッグデータを活用した商業動態統計調査 調査の結果【準備中】

公表準備が整い次第、公表予定です。

ページ上部へ戻る

公表準備が整い次第、公表予定です。

ページ上部へ戻る

ページ上部へ戻る

本試験調査は、「商業動態統計調査」(基幹統計調査)の丁2調査(家電大型専門店)において、POS等ビッグデータを活用するといった新たな調査方法の採用とその調査事務について実地の検討を行い、「報告者負担の軽減化」、「統計業務の効率化」、「公表の早期化」の他、「景気動向把握の向上に資するための把握内容の詳細化」等の実現可能性などの精査に必要な基礎資料を得ることを目的としているため、「家電大型専門店の動向」の把握にはご利用頂けません。
「家電大型専門店の動向」は「商業動態統計調査」「家電大型専門店商品別販売額等及び前年(度、同期、同月)比」をご利用ください。

ページ上部へ戻る

1)POS等ビッグデータ
 POS等ビッグデータとは、家電大型専門店の店頭における「販売データ」、インターネットやカタログなどによる通信販売の「eコマースデータ」、家電大型専門店各社が保有する「店舗マスター」をいう。
2)商品販売額
 商品販売額とは、企業の当該業態事業の一般消費者に販売した物品(有体商品)の販売額をいい、消費税額を含んでいる。
 なお、子会社やフランチャイズ加盟店への商品供給などの「卸売販売額」の他、エアコン等の「取付け工事費」や「修理費」、携帯電話などの商品(機器)を引き渡したときの「サービス売上高」等は含まれていません。
3)期末商品手持額
 期末商品手持額とは、調査月(3、6、9、12月)末日現在で企業又は事業所が販売の目的で保有している手持商品の金額をいう。
 なお、手持商品の評価は、原則として仕入原価によります。
4)在庫率
 在庫率は、次の算式による。
 在庫率=期末商品手持額/月間商品販売額×100
5)店舗数
 調査結果の集計時点(週末、月末等)における店舗数を言う。

ページ上部へ戻る

ページ上部へ戻る

ページ上部へ戻る

ページ上部へ戻る

ページ上部へ戻る

最終更新日:2018.07.31
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.