経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール
  • 印刷

平成29年9月のサービス産業活動は、2か月連続の小幅な前月比低下、第3四半期も前期比微減、ただ、基調判断は「高い水準で横ばい」と据え置き。 2017年11月10日

9月のサービス産業全体は、前月比マイナス0.2%の低下

平成29年9月のサービス産業(第3次産業)活動指数総合は、季節調整済指数104.6、前月比マイナス0.2%と2か月連続の低下でした。本年第3四半期のサービス産業(第3次産業)活動指数総合は、指数値104.8、前期比マイナス0.1%と2期ぶりの低下でした。

本年4月に指数値105.0に到達した後、104台後半の推移が続いており、指数水準自体は高い水準となっていますが、その水準を維持するのが精一杯といった感じです。

対個人はプラス方向、対事業所はマイナス方向に寄与

第3次産業活動指数は、大きく対個人サービスと対事業所サービスに2分されます。

9月の対個人サービス産業活動指数は、指数値105.8、前月比0.8%上昇と2か月ぶりの上昇となりました。前年水準との比較では、前年同月比1.0%上昇と6か月連続上昇、つまり年度明けの4月以降、前年水準を上回る状態が続いていることになります。

対事業所サービス産業活動指数は、指数値103.4、前月比マイナス0.7%低下と4か月連続の低下です。前年同月比0.2%上昇で、7か月連続で前年水準を上回っています。

対個人、対事業所の各指数とも、前年水準を上回る水準の推移が続いており、特に対個人サービスは前月比上昇となって、勢いのある状態となっています。サービス全体の9月の低下に対しては、対事業所サービスが低下寄与となっており、対個人と対事業所のサービスの動きが好対照となりました。

対事業所サービスは、指数水準も低下してきており、10月以降、前年水準プラスを維持できるのか、微妙かもしれません。

情報通信業の低下幅については割り引く必要がある

目下のサービス産業活動の動きにおいて注意すべきは、情報通信業、特に情報サービス業の季節調整済指数です。ここ3年ほど、情報通信業の季節調整済指数は、3月と9月に大きく低下することを繰り返しています。技術的な理由から、現在採用している季節調整法では、特異的に情報通信業活動指数の季節変動パターンを過剰に調整している可能性があります。

一定の評価が得られている異なる季節調整法で見た季節調整値でみると、9月の値が2%弱回復することが確認できています。

平成29年9月の情報通信業の指数値も季節調整値は前月比マイナス1.0%ですが、季節調整前の原指数では前月比22.1%の上昇となっており、前年同月比も1.8%上昇と、8月の前年同月比0.4%を大きく上回っており、原指数をみるとそれ程、調子が悪いようにも見えません。

仮に、別の方法で季節調整した情報通信業の指数で計算すると、9月のサービス産業(第3次産業)総合の指数は横ばいとなり、第3四半期も横ばいとなります。

情報通信業の特異な動きについては、こちらの資料「2017年9月の第3次産業活動指数結果の見方について」でも説明しております。

9月のサービス産業の勢いは「高い水準で横ばい」で据え置き

9月の第3次産業活動指数は、2か月連続で、小幅ではありますが、前月比低下となりました。9月は、8月とは逆に対事業所サービスの低下寄与によって、全体がマイナスとなっています。第3四半期も前期比微減となっています。

ただ、ここ3年ほど、3月と9月に特異な動きをしている情報通信業の季節調整値について再検討すると、値が回復し、それに基づいた第3次産業総合は、9月、第3四半期ともに、ほぼ横ばいとなります。

そもそも、前月比の低下幅も低いことから、9月の第3次産業活動指数の基調判断については、「高い水準で横ばい」に据え置きたいと思います。

引き続き、活動レベルの水準は高いものの、その勢いについては、巡航速度となっているという評価となります。

結果概要のページ
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sanzi/result-1.html
参考図表集
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sanzi/result/reference/slide/result-sanzi-sanko-201709.html
『就職にも使える! 第3次産業活動指数』(マンガ)
https://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikaisetsu/slide/20160405ita_manga2016.html

問合せ先

経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室
電話: 03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)
FAX : 03-3501-7775
E-MAIL : qqcebc@meti.go.jpメールリンク

経済解析室ニュース一覧へ戻る

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.