経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール
  • 印刷

平成29年11月の鉱工業生産は、前月比0.6%上昇で、今年初めての2か月連続上昇、半導体関係が好調だった。先行きでは、12月まで増産計画。基調判断は、「持ち直している」に上方修正。 2017年12月28日

11月の生産は、今年初めての2か月連続上昇

平成29年11月の鉱工業生産は、季節調整済指数103.6、前月比0.6%上昇と2か月連続の上昇となりました。前年同月比は3.7%上昇で、13か月連続で前年同月比上昇が続いています。今年に入って、鉱工業生産の前月比は、「上昇しては低下する」を繰り返しており、実は、生産が2か月連続で前月比上昇するのは、今年初めてです。

本年第3四半期のレベルと比較して、10月、11月とも高い水準で進んでおり、12月に相当大きく前月比が低下しない限り、第4四半期も前期比上昇を期待できるのではないかと思います。

11月の鉱工業出荷は、指数値101.3、前月比2.4%と3か月ぶりの前月比上昇となりました。10月の出荷指数のレベルは、今年の第2、第3四半期の水準から比べると大分低くなっていましたが、その分、11月の上昇幅が大きめとなっています。10月と11月の出荷指数の平均は、第3四半期に近いレベルに戻っており、12月の出荷が11月のレベルをある程度維持できれば、第4四半期も前期比プラスとなる可能性も出てきました。

上昇寄与が大きいのは、半導体関係

平成29年11月の鉱工業生産は、前月比0.6%と2か月連続の前月比上昇だった訳ですが、15業種のうち、10業種が前月比上昇、5業種が前月比低下でした。

生産上昇業種のうち、11月の生産上昇への影響度、寄与が大きいのは、はん用・生産用・業務用機械工業と電子部品・デバイス工業でした。

はん用・生産用・業務用機械工業では、半導体製造装置の生産がけん引役となっており、電子部品・デバイス工業のメモリやCCDなどと合わせて、半導体関係の生産が好調でした。

生産財と資本財の出荷が好調

11月の鉱工業出荷は、前月比2.4%と3か月ぶりの前月比上昇でしたが、財の需要先の用途別分類である財別分類出荷指数をみると、全分野の財別出荷指数が前月比上昇となっており、需要先全般に渡って需要が旺盛だったことが分かります。特に、3か月ぶりに出荷が前月比上昇となった生産財、2か月連続で上昇している資本財(除.輸送機械)の寄与が高くなっています。

生産財の出荷は、前月比2.9%上昇で、主に軽油や普通鋼鋼帯の出荷がけん引役でした。資本財(除.輸送機械)の出荷は、前月比3.8%上昇で、はん用・生産用・業務用機械である半導体製造装置や化学プラント等で使用される反応用機器が上昇に寄与しています。

12月までは増産だが、来年1月は大きく減産の見込み

12月上旬に実施した平成29年12月、平成30年1月の生産計画を調査した、生産予測調査の結果です。

平成29年12月の生産計画については、調査結果そのままを集計すると、前月比3.4%と大きな上昇を見込むという結果になっています。来年1月の生産計画は、この12月計画から前月比マイナス4.5%と大きく低下するという結果でした。

この12月計画値に含まれる、上方バイアスを補正すると、前月比1.8%程度の上昇という計算結果です。これだけの伸びがあれば、本年第4四半期も前期比プラスを期待できるものと思われます。

来年1月の生産計画は、この段階で今年10月実績のレベルのものとなっており、12月実績段階で、補正値程度に伸び幅が縮小したとしても、1月の生産計画に大きな上方修正がない限り、来年1月の生産は前月比マイナスになるものと思われます。ここは、12月の輸送機械工業の生産計画が、通常より高くなっていることの反動分などの影響があるようで、この1月の生産計画も、今年1月の実績を上回っています。

基調判断は「生産は持ち直している」に上方修正

11月の鉱工業生産は前月比0.6%上昇でした。出荷は3か月ぶりの前月比上昇でした。平成21年3月からの第15景気循環における生産指数のピーク値は102.7ですが、この10月、11月と連続してその値を超えてきています。先行きの生産計画についても12月は強めのものとなっています。

こういった状況を踏まえ、基調判断については、「生産は持ち直している」と上方修正したいと思います。

結果概要のページ
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html
参考図表集
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result/pdf/reference/slide/result-iip-sanko-201711s.html
マンガ「ビジネス環境分析にも使える!鉱工業指数(IIP)」
https://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikaisetsu/slide/20170329iip_manga2017.html

問合せ先

経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室
電話: 03-3501-1511(代表)(内線2851)、03-3501-1644(直通)
FAX : 03-3501-7775
E-MAIL : qqcebc@meti.go.jpメールリンク

経済解析室ニュース一覧へ戻る

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.