室内でガス機器をお使いの時は換気扇を回すか窓を開けて換気をしてください。

ガスは、新鮮な空気を求めています。換気が不十分な状態でガスが燃焼すると、不完全燃焼となり、一酸化炭素中毒になる恐れがあります。換気扇を回すか、窓を開けるなど必ず換気をしましょう。

キッチンで

コンロや小型湯沸器の使用中は、 必ず換気扇を回すか、窓を開けて換気をしましょう。

※ただし、煙突のあるの開放式の湯沸器・風呂がまでお風呂を沸かしているときやシャワーを使っているときに、台所の換気扇などを使用すると、風呂がまの排気が浴室内などに逆流し、一酸化炭素中毒をおこす場合があります。 同時使用は避けてください。

お部屋で

ガスストーブの使用中は、30分に1回程度、新鮮な 空気に入れ替えましょう。

ページのトップへ

ガスこんろの使用中は、火から離れないで!

調理中は、その場から離れないようにしましょう。来客や電話などでその場から離れるときは、必ず火を止めて。

金網ストーブは、シーズン前に点検を!

赤熱面(金網部分)に変形、破れなどの異常がある場合は、不完全燃焼をおこす恐れがあります。暖房シーズン前の点検(有償)をしてください。 古い金網ストーブには不完全燃焼防止装置が付いていないので、換気には十分注意してください。より安全性の高い不完全燃焼防止装置付きのストーブの使用をおすすめします。


ガス機器も古くなったら取り替えを!

ガス機器も古くなると部品が劣化し、火災や事故をおこすおそれがあります。古いガス機器は、安全装置の付いた"セイフティガス機器"にお早めに交換しましょう。

PDFマニュアルがご覧になれない方
本サイトではデータをPDFファイルの形式で提供しております。
これらの形式の情報をご覧いただくには下記のプラグインをご利用ください。

getAcrobatReader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要になります。
Adobe社ウェブサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。