これだけは知って欲しい5つのこと
なぜALPS処理水を処分しなければならないの?

東京電力福島第一原子力発電所の敷地内でALPS処理水を貯蔵している巨大なタンクは増え続けており、タンクの数はすでに1,000を超えています。
これからより本格化する廃炉作業を安全に進めるためには、新しい施設を建設する場所が必要となり、ALPS処理水を処分し、タンクを減らす必要があります。

また、「災害発生時の漏えいリスク」や「大量のタンクの存在自体が風評の原因となること」を心配するご意見もいただいています。

そのため、ALPS処理水を処分し、数多くのタンクを減らすことは、廃炉と復興に向けて必要な作業となっています。

もっと知りたい・考えたい方はこちらALPS処理水に関する基礎情報を紹介しています。
ページのトップに戻る