1. ホーム
  2. 政策について
  3. 政策一覧
  4. 経済産業
  5. 標準化・認証
  6. 普及啓発
  7. 高齢者・障害者への配慮規格策定の一層の推進

高齢者・障害者への配慮規格策定の一層の推進

多様な人々がより暮らしやすい社会の実現を目指して~高齢者・障害者への配慮規格策定の一層の促進~

我が国は、高齢者や障害のある人にも利用しやすい製品やサービス、環境の開発・普及を目的とした規格の策定にいち早く取り組み、世界でもトップクラスの数の規格を整備してきました。

1998年、日本はこのような規格の策定を世界に提案し、2001年に国際規格「ISO/IECガイド71(高齢者及び障害のある人々のニーズに対応した規格作成配慮指針)」が制定されました。国内でも、これと整合した規格としてJIS Z8071を2003年に制定し、高齢者・障害者にも配慮した製品・サービス及び生活環境を実現するための規格策定の指針として広く活用されています。

2017年3月現在、この指針に基づいて作られた高齢者・障害者配慮関連の国内規格(JIS)は36件あり、このうちの23件は日本提案によって既に国際規格(IS)になっています。また、JISを元に現在作成中・作成予定のISが7件、JISとは別に日本が提案したISも2件作成されています。

これらの規格の内容には、視覚的配慮、聴覚的配慮、触覚的配慮等が含まれ、その分野も包装・容器、消費生活製品、施設・設備、情報通信、コミュニケーション等、多岐にわたります。

こうした中、ISO/IECガイド71も制定後10年を経て見直し・改正が行われ、2014年12月に第2版が発行されました。これを受けてJIS Z8071も見直し作業が進められ、2017年1月に改正されました。

諸外国と知恵を結集して生まれた新たな指針の下、我が国も、高齢者・障害者に配慮した製品・サービス及び生活環境のさらなる充実と普及を促進していきたいと考えています。

トピックス

お問合せ先

産業技術環境局 国際標準課 高齢者・障害者担当
電話:03-3501-9277(直通)
FAX:03-3580-8625
E-MAIL:jisc@meti.go.jpメールリンク

最終更新日:2021年9月29日