PCB機器の処理促進について

PCB機器の処理促進に向けた取組

ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、その優れた絶縁性能から、昭和40年代まで、主に電気機器の絶縁油として使用されていました。その後、1968年(昭和43年)のカネミ油症事件をきっかけに、人の健康及び生活環境に係る被害が生じるおそれがある物質として、国内での生産・輸入が禁止され、PCB廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特措法)が制定され、これに基づいてPCB廃棄物の確実かつ適正な処理を推進することとされました。その後、処分期間内の処分の義務付け等、期限内処理を確実にするための事項を措置した改正法が平成28年8月に施行されました。

高濃度PCB廃棄物の処理については、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)の全国5箇所の処理施設において、地元関係者の皆様の御理解と御協力の下、PCB廃棄物の処理が行われています。

低濃度PCB廃棄物の処理については、無害化処理認定事業者を増加させるなど、処理体制が整えられています。
また、「微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書」の改正など、処理方法の多様化を進めています。

注目情報

PCB廃棄物の適正な処理に関する説明会

高濃度PCB廃棄物に関する情報(リンク)

低濃度PCB廃棄物に関する情報(リンク)

その他の情報

PCB使用製品及びPCB廃棄物の期限内処理に向けて

古い工場やビルをお持ちの皆様へ

関係法令等

お問合せ先

経済産業省 産業技術環境局 環境管理推進室
住所:東京都千代田区霞が関1-3-1
電話:03-3501-4665
FAX:03-3501-6329

最終更新日:2021年6月2日