ものづくりの挑人たち2013 ■2013年度---若手社員ロールモデル(特に、学生の方や若手社員の方にオススメです)
ものづくりの挑人たち2014 ■2014年度---管理職ロールモデル(特に、中堅社員や働く女性、経営幹部の方にオススメです)
ものづくりの挑人たち ■2015年度---リケジョ・グローバル人材・職域拡大・男性リーダーの役割…キーワード満載です!
中小企業のための女性活躍推進事業

事業の概要

経済のグローバル化や少子高齢化が進む中で我が国の企業競争力の強化を図っていくためには、女性・外国人・高齢者・チャレンジを含め、一人一人が能力を最大限発揮して価値創造に参画していくことが必要です。

こうした観点から、様々な規模・業種の企業における「ダイバーシティ経営」への積極的な取組を「経済成長に貢献する経営力」として評価し、ベストプラクティスとして発信することで、ダイバーシティ推進のすそ野を広げることを目的として、「ダイバーシティ経営企業100選」事業を実施しています。

「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)は、平成24年度に開始された「ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業」を表彰する事業で、「優れたダイバーシティ経営企業」として選定・表彰された企業の取組内容を広く紹介し、多様な人材の活躍推進に向けた動きの加速化を図ってまいりました。

平成27年度からは、新たなフェーズとして、重点テーマを設定した「新・ダイバーシティ経営企業100選」を開始します。

ダイバーシティ経営とは

「多様な人材(※1)を活かし、その能力(※2)が最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営(※3)」のことです。これからの日本企業が競争力を高めていくために、必要かつ有効な戦略といえます。

(※1)
「多様な人材」とは、性別、年齢、人種や国籍、障がいの有無、性的指向、宗教・信条、価値観などの多様性だけでなく、キャリアや経験、働き方などに関する多様性も含みます。
(※2)
「能力」には、多様な人材それぞれの持つ潜在的な能力や特性なども含みます。
(※3)
「イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」とは、組織内の個々の人材がその能力や特性をいかし、いきいきと働くことの出来る環境を整えることによって、「自由な発想」が生まれ、生産性を向上し、自社の競争力強化につながる、といった一連の流れを生み出しうる経営のことです。

ページトップへ

スケジュール(予定)

平成28年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」の募集・選定のスケジュール

  • 平成28年9月14日(水)
    募集締切
  • 平成28年10月下旬
    書類審査(第2回運営委員会)
  • 平成28年11月~12月
    ヒアリング審査
  • 平成29年2月上旬
    受賞企業決定(第3回運営委員会)
  • 平成29年3月中旬
    表彰式

※運営委員会は非公開です。

平成28年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」表彰式

平成29年3月予定(東京)

ページトップへ

お問合せ先

経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室
担当: 関・小西
電話: 03-3501-0650

ページトップへ