ものづくりの挑人たち2013 ■2013年度---若手社員ロールモデル(特に、学生の方や若手社員の方にオススメです)
ものづくりの挑人たち2014 ■2014年度---管理職ロールモデル(特に、中堅社員や働く女性、経営幹部の方にオススメです)
ものづくりの挑人たち ■2015年度---リケジョ・グローバル人材・職域拡大・男性リーダーの役割…キーワード満載です!
中小企業のための女性活躍推進事業

事業の概要

ダイバーシティ経営とは/「新・ダイバーシティ経営企業100選」について

経済産業省では、平成24年度より、ダイバーシティ経営に取り組む企業のすそ野拡大を目的に、多様な人材の能力を活かし、価値創造につなげている企業を表彰する「ダイバーシティ経営企業100選(以下、100選とする)」(経済産業大臣表彰)を実施しています。

平成27年度からは、今後、広がりが期待される分野として重点テーマを設定した「新・ダイバーシティ経営企業100選(以下、新100選とする)」として実施しています。過去6年間で226社が選定されました。

経済のグローバル化や少子高齢化が進む中で、我が国の企業競争力の強化を図るためには、女性、外国人、高齢者、チャレンジド(障がい者)を含め、多様な人材の能力を最大限に発揮し、価値創造に参画していくダイバーシティ経営の推進が必要かつ有効な戦略です。

ダイバーシティ2.0とは/「100選プライム」について

今後、更に多くの企業にダイバーシティの取組の輪を広げていくため、中長期的に企業価値向上を生み出し続けるダイバーシティ経営の在り方について議論する検討会を2016年8月に立ち上げました(「競争戦略としてのダイバーシティ経営(ダイバーシティ2.0)の在り方に関する検討会(座長:北川哲雄青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授)」)。

検討会では、中長期的に企業価値を生み出し続ける経営上の取組を「ダイバーシティ2.0」と位置づけ、企業が「ダイバーシティ2.0」を実践するにあたって取るべきアクションを整理した「行動ガイドライン」を2017年3月に取りまとめました。さらに、本年6月に見直しを行い、改訂版のガイドラインを公開しております。

上記ガイドラインを踏まえ、過去に表彰された企業のベストプラクティスの進化を取り込みながら、ダイバーシティを新たな実践フェーズである「成果を生み出し続ける経営上の取組」にステップアップするべく、「全社的かつ継続的にダイバーシティ経営に取り組んでいる企業」を「100選プライム」として、2017年度より新たに選定しています。2017年度は2社が選定されました。

ページトップへ

スケジュール(予定)

募集・選定のスケジュール

  • 日時 新100選 100選プライム
    平成30年7月17日(火) 募集開始
    平成30年9月12日(水)
    (17:00必着)
    募集締切
    平成30年9月下旬~10月  書類審査(一次) 書類審査(一次)
    平成30年10月中旬~11月 書類審査結果通知 書類審査結果通知
    平成30年11月~12月 ヒアリング審査(二次)
    平成30年11月~12月 事前ヒアリング
    平成30年12月下旬 追加書類審査結果通知
    (新・ダイバーシティ経営企業100選との同時応募企業)
    平成31年1月下旬 プレゼン審査(二次)
    平成31年3月 表彰企業/選定企業決定

※運営委員会は非公開です。

表彰式・シンポジウム開催

平成31年3月22日(予定)

ページトップへ

お問合せ先

経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室
担当: 眞家・島田
電話: 03-3501-0650

ページトップへ