経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール
  • 印刷

2017年第Ⅳ期のグローバル出荷指数は、7期連続の前期比0.7%上昇でリーマンショック後の最高値を更新。国内出荷、はん用・生産用・業務用機械工業が主役 2018年5月7日

日系製造業の国内拠点からの出荷(国内出荷)と海外現地法人の海外拠点からの出荷(海外出荷)の動きを、比較可能な形で指標化し、合算した「グローバル出荷指数」の、2017年第Ⅳ期(10-12月期)の数値がまとまりましたので、概略をご紹介していきます。

グローバル出荷は、リーマンショック前のレベルが視野に入ってきた

2017年Ⅳ期のグローバル出荷指数(季節調整済)は、指数値110.3、前期比0.7%と7期連続の前期比上昇でした。前期比上昇が続いており、この指数値110.3は、2008年第Ⅲ期の110.0を超え、同年第Ⅱ期の112.9に次ぐレベルです。

リーマンショック以降大きく低下していたグローバル出荷指数ですが、当期は、リーマンショック後の最高値をまたも更新し、同ショック前の歴史的にみて高かった水準に、「あと一歩」というレベルにまで回復してきている状況です。

勿論、2006年Ⅳ期から、リーマンショックまでの期間は、110を超える時期も続いていましたので、まだ少し低いレベルではありますが、そのレベルが視野に入ってきました。

国内出荷が、けん引役

グローバル出荷の内訳をみると、日本企業の海外生産拠点からの出荷である海外出荷指数(季節調整済)は、指数値139.3、前期比マイナス0.2%と2期ぶりの前期比低下となりました。

他方、日本国内の生産拠点からの出荷である国内出荷指数(季節調整済)は指数値101.1、前期比1.1%上昇と2期ぶりの上昇となりました。2017年末の鉱工業の国内出荷には勢いがありました。

グローバル出荷指数の前期比0.7%上昇に対し、海外出荷指数はマイナス0.1%ポイントの低下寄与で、国内出荷指数は0.8ポイントの上昇寄与でした。第Ⅲ期は海外出荷の上昇寄与が大きかったのですが、ここ1年ほどは国内出荷がグローバル出荷のけん引役となっており、2017年Ⅳ期もその傾向で推移したことになります。

はん用・生産用・業務用機械工業がけん引役

グローバル出荷指数の主要業種別の動きを見ると、はん用・生産用・業務用機械工業(指数値129.5)が前期比4.6%と大きく上昇しています。化学工業(指数値108.3)が前期比0.7%上昇、輸送機械工業(指数値123.9)が前期比0.5%上昇となりました。電気機械工業(指数値99.3)は前期比横ばいです。

これら4業種以外を合計した「それ以外の業種計」が前期比マイナス0.2%低下と、グローバル出荷の伸びを抑えました。

概ね順調な推移だったということかも知れませんが、やはり、はん用・生産用・業務用機械工業のグローバル出荷が大きく伸びたグラフの動きに目が行きます。

海外出荷は、幅広い業種で低下

海外出荷指数の主要4業種別の動きをみると、輸送機械工業が指数値154.1で、前期比マイナス0.3%低下、電気機械工業が指数値120.3で、前期比マイナス0.5%低下となりました。他方、はん用・生産用・業務用機械工業は指数値140.8で、前期比8.7%と大きく上昇し、化学工業も指数値135.6で、前期比1.2%上昇となりました。

海外出荷は主要業種の中で明暗が大きく分かれましたが、特に、海外の設備投資需要向けに出荷されるはん用・生産用・業務用機械工業の伸びが目立っています(はん用・生産用・業務用機械工業の海外出荷のうち、日本向けに出荷されるものの比率は低く、逆輸入比率は2割未満)。

主要地域外の現地法人の活動が低下

2017年Ⅳ期の地域別海外指数をみると、北米指数が指数値157.8、前期比1.7%上昇でした。北米の現地法人の出荷は前期2017年Ⅲ期まで2期連続の前期比低下でしたが、そこから反転上昇となりました。中国指数は指数値142.2、前期比0.9%と5期連続の上昇でした。中国の現地法人からの出荷は、引き続き好調ということのようです。

一方、ASEAN4指数は127.5、前期比マイナス0.4%の低下となりました、ほぼ横ばいという感じでしょうか。さらに、この3地域以外の「それ以外の地域」の海外出荷指数が前期比マイナス2.9%低下と大きめの低下を見せました。

出荷海外比率は3割前後の推移

グローバル出荷全体に占める海外現地法人からの出荷の比率、「出荷海外比率」は、日系製造業の活動を生産地(供給側)という視点からグローバル化を推し量る指標です。

2017年Ⅳ期の出荷海外比率は30.1%と、ほぼ3割が海外生産という状況です。季節調整値でその推移を確認すると、2017年Ⅱ期は低下、Ⅲ期は上昇、そしてⅣ期は低下という推移になっており、狭い範囲で上下動が続いています。国内出荷が好調であることもあり、2017年の出荷海外比率には上向きの動きは見られませんでした。

グローバル出荷全体のうち、日本市場以外の海外市場向けに出荷されたものの比率、「海外市場比率」は、日系製造業に対する需要側という視点からグローバル化を推し量る指標です。2017年Ⅳ期の海外市場比率は41.6%と、ほぼ4割が海外市場向けの生産ということになります。季節調整値でその推移を確認すると、2017年Ⅱ期に海外市場比率は若干低下していましたが、それを挟んで緩やかに上昇しているようです。

ミニ経済分析「グローバル出荷指数(平成22年基準)について(平成29年Ⅳ期(第4四半期))」のページ
http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikeizai/kako/20180507minikeizai.html
グローバル出荷指数のページ
http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikeizai-result-gb.html

問合せ先

経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室
電話: 03-3501-1511(代表)(内線2851)、03-3501-1644(直通)
FAX : 03-3501-7775
E-MAIL : qqcebc@meti.go.jpメールリンク

経済解析室ニュース一覧へ戻る

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.