ロボット政策の方向性

2019年7月「ロボットによる社会変革推進計画」を取りまとめました。

施策情報

1.導入・普及を加速するエコシステムの構築(「ロボットフレンドリー」な環境構築・地域エコシステムの構築)

所与の環境に後からロボットを導入するのではなく、ユーザーの業務フローや施設環境を”ロボットフレンドリーな環境”に変革し、サービスロボットの社会実装を進めます。また、地域の中小企業等へのロボット導入に向け、コンサルタントやシステムインテグレーター、金融機関等による相互の連携を促進します。

ロボットフレンドリーな環境構築

地域エコシステムの構築(中小企業へのロボット導入・普及)

2.産学が連携した人材育成枠組の構築

ロボットの設計・開発や導入に係る人材が不足している現状を踏まえ、産業界と教育機関等が連携しオールジャパンでロボット人材を育成します。

3.中長期的課題に対応するR&D体制の構築

中長期的技術課題を見据え、産業界が協調しつつアカデミアと連携して、リスクの高い領域である基礎・応用研究を推進します。

4.社会実装を加速するオープンイノベーション

オープンイノベーションを加速するため、世界中のさまざまな人・ロボット技術が集う “World Robot Summit 2020” を開催します。

5.その他

関連リンク

関連予算(令和3年度予算案)

過去の情報等

お問合せ先

製造産業局 ロボット政策室
電話:03-3501-1049

最終更新日:2021年3月26日