経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール
  • 印刷

近年は安定した動きの生活家電の生産;しかしこの20年弱で生産量は低下傾向。一方で「高機能化」「高付加価値化」の進展がうかがえる。

冷蔵庫や洗濯機など、日々の生活を便利にしてくれている家電製品を、多くの方が使っていらっしゃることと思います。これら身近な家電製品は、いま日本でどのように生産されているのでしょうか。その動きについてみていきたいと思います。

安定推移の家事用機器

鉱工業指数では、「電気機械工業」の品目として、「電気がま」「電気冷蔵庫」「クッキングヒーター」「電気洗濯機」「電気掃除機」の5品目と、これらをまとめた細分類の「家事用機器」として指数値を公表しており、国内での生産、出荷、在庫等の動きをみることができます。

「家事用機器」の動きをみてみると、生産・出荷ともに2014年第1四半期に最高水準に到達し、その後、大幅な低下をみせています。これは2014年4月の消費税率引き上げの影響による駆け込み需要と、その反動減が現れているようです。2015年以降は、上昇・低下はあるものの激しい動きはみられず、指数水準は85~110の間で推移し、安定した動きとなっています。

ちなみに本年10月の消費税率引き上げの影響に関しては、8月までの時点では、前回2014年の消費税率引き上げ時のような生産・出荷の大幅な上昇はみられていません。

多くの品目でピークを迎えた2014年第1四半期

続いて、「家事用機器」の内訳品目ごとの生産と出荷の動きをみてみましょう。

生産については、「電気冷蔵庫」「電気洗濯機」のピークは、2014年第1四半期となっており、出荷については、全ての品目で2014年第1四半期がピークとなっています。前回の消費税率引上げ前から多くの品目で出荷は高い水準が続き、ついに引上げ直前の2014年第1四半期にピークを迎えた、そんな様相になっています。

生産数量は減少傾向、生産単価は増加傾向

次に、生産数量について、2000年と直近の2018年を比べてみると、「クッキングヒーター」の生産数量は大幅な増加や減少はみられません。一方、「電気洗濯機」「電気掃除機」は4分の1程度まで、「電気冷蔵庫」は約半分まで、「電気がま」については4分の3程度まで、生産数量は減少となっています。

続いて、1台あたりの生産単価をみると、「クッキングヒーター」は減少となっていますが、「電気がま」「電気冷蔵庫」「電気掃除機」は1.5倍程度、「電気洗濯機」については2倍弱まで生産単価は増加しています。

以前のひと言解説(日本の経済成長をけん引してきた産業の移り変わり; 鉱工業生産指数(IIP)基準改定で振り返る鉱工業の構造変化)でもご紹介しましたが、「電気機械工業」については、産業ウェイトの変化をみると、1955年基準-1975年基準-1990年基準と、電子化・情報化の進展に伴いIIPにおけるウェイトを高めていきましたが、その後、海外生産へのシフトが多くなったことから、2015年基準ではウェイトは低下となりました。

まだ家庭への普及途上にあると考えられるクッキングヒーター(2014年の普及率は23.9%(二人以上の世帯)(総務省「平成26年全国消費実態調査」)を除き、今やほとんどの家庭に普及している他の家事用機器については、国内生産数量は減少する一方、1台あたりの生産単価は増加しています。私たちの身近な家事用の家電製品は、国産品については「高機能化」「高付加価値化」が進んでいることが推測されます。

私たちの身近にある家電製品については、海外生産が進み、輸入品もよく見かけるようになりましたが、今後、国産の家電製品はどのように変わっていくのでしょうか?輸入品でも、低価格商品だけでなく、掃除機など高価格商品も出回るようになっており、今後の行方が気になるところです。

問合せ先

経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室
電話: 03-3501-1511(代表)(内線2851)、03-3501-1644(直通)
FAX : 03-3501-7775
E-MAIL : qqcebc@meti.go.jpメールリンク

過去のひと言解説一覧へ

最終更新日:2019年10月9日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.