1. ホーム
  2. ふくしまの今
  3. 廃炉・汚染水・処理水対策ポータルサイト
  4. 関連コンテンツ(動画・パンフレットなど)

関連コンテンツ(動画・パンフレットなど)

廃炉作業はどんなことをしているのか、福島第一原発はいまどうなっているのか、などについてご紹介するコンテンツを作成しています。
福島第一原発の「いま」に、ぜひ見て・読んで触れてみてください。

廃炉のいまを見る

最新の動画

一歩ずつ、福島の未来へ ~福島第一原発の「いま」に目をむけてみませんか~

この動画では、福島第一原発へ企業研修で訪れた一職員の視点で、発電所構内を巡りながら、廃炉作業の進捗状況や今後の展望などをご説明します。

一歩ずつ、福島の未来へ ~廃炉作業を支える技術・人・企業~

東日本大震災、そして福島第一原発事故の発生から10年が経過しました。廃炉作業はまだ道半ばですが、一歩ずつ着実に進んでいます。こちらの動画では、世界にも前例がない困難な廃炉作業を支える技術・人・企業をご紹介します。

過去の動画はこちら

廃炉のいまを読む

最新の読み物

資源エネルギー庁スペシャルコンテンツ

資源エネルギー庁スペシャルコンテンツでは、福島第一原発の廃炉作業に関する解説記事を公開しています。

東日本大震災から10年、廃炉のいま

2021年3月11日で、東日本大震災、そして福島第一原発事故から10年が経過しました。
廃炉に向けた10年間の歩みを、多くの写真を交えながらご紹介します。

燃料デブリの取り出し

東日本大震災を原因とする津波により、福島第一原発は原子炉内の核燃料を冷却する機能を失いました。結果として、核燃料の温度が上昇して溶け出し、炉内の構造物と混ざり合い、冷えて固まった状態で原子炉内に残存しています。
この「燃料デブリ」は、福島第一原発の1~3号機に存在しており、その取り出しは廃炉作業において最も困難な作業の1つです。
取り出しに向けて、国内外の叡智を結集しつつ、原子炉建屋内の調査や研究開発が進められています。

→燃料デブリ取り出しに関してはこちらもご覧ください。

汚染水対策

燃料デブリを冷却するための水が燃料デブリに触れる、建屋内に流入した地下水や雨水が汚染水と混ざる、といったことにより、新たな汚染水が発生しています。
汚染水対策は、①汚染水を水に近づけない、②汚染水を漏らさない、③汚染水を取り除く、という3つの基本方針をもとに実施しています。これまでの取組により、汚染水対策は大きく前進し、発生量は大幅に減少しています。

→汚染水対策に関してはこちらもご覧ください。

ALPS処理水の処分

ALPS(アルプス)処理水とは、原子炉建屋内で日々発生する汚染水から、多核種除去設備「ALPS(advanced liquid processing system)」などを用いて大部分の放射性物質を取り除いたものをいいます。
ここでは、ALPS処理水とはどのようなものなのか、どのように取り扱っていく必要があるのかについて解説します。

→ALPS処理水の取扱いに関してはこちらもご覧ください。

関連リンク

お問合せ先

資源エネルギー庁 
原子力発電所事故収束対応室
電話:03-3580-3051
FAX:03-3580-0879

最終更新日:2021年4月22日