1. ホーム
  2. 女性活躍に優れた上場企業を選定「なでしこ銘柄」

女性活躍に優れた上場企業を選定「なでしこ銘柄」

令和4年10月14日より、上場企業様向けに、「なでしこ銘柄」選定に係る「女性活躍度調査」を実施中です。
今年度より「なでしこ銘柄」を大幅にリニューアルしておりますので、選定に関する詳細、説明動画情報、「女性活躍度調査」の概要等は、下記をご覧ください。
【訂正とお詫び】
令和4年11月11日20:00時点:募集要領の差し替えを行いました。詳細は本ページ中央に赤字で記載しておりますのでご確認ください。大変申し訳ございませんでした。
  

「なでしこ銘柄」とは


「なでしこ銘柄」は、「女性活躍推進」に優れた上場企業を「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することを通じて、企業への投資を促進し、各社の取組を加速化していくことを狙いとしています。
 
経済産業省と東京証券取引所が共同で平成24年度より実施しています。
11年目となる今年度は、調査内容、選定基準、評価プロセス等を一新し、選定を行います。

令和4年度「なでしこ銘柄」
※定量調査票を再度差し替えました。現在掲載している定量調査票をご活用ください。
※募集要領を差し替えました。現在掲載している募集要領をご活用ください。


企業の女性活躍推進に関する実態を把握するため、選定対象となる東京証券取引所の上場会社全体に対して「女性活躍度調査」を実施し、独自に設ける女性活躍に関する基準にしたがって、回答企業の中から「なでしこ銘柄」を選定します。


令和4年度調査では、以下の二種類の調査に回答していただきます。
 
①女性活躍推進に関する数値などの定量情報に係る調査
②女性活躍推進に関する取組と経営戦略とのつながりやその成果といった定性的な情報に係る調査
 
①のみに回答いただくことも可能ですが、「なでしこ銘柄」に選定されるためには、①②の両方に回答いただく必要があります。ただし、①のみに回答いただいた企業も含め、回答企業全社に対してセルフチェックシートの送付を行うことで、自らの立ち位置を知り、社内の更なる取組推進に資する情報を提供いたします。
(②に回答いただくことで、企業内でのストーリーの整理や見える化にもご活用いただけますので、是非①②両方への積極的な回答をお願いいたします。)
 
なお、今回の調査に関し、銘柄選定企業については、①②の回答内容を、調査回答企業については①の内容を経済産業省のウェブサイトにて公開いたします。(調査回答企業については、①を非公開とすることもできますが、その場合、女性活躍度調査に回答した企業(女性活躍推進に積極的な企業)としての企業名も公表されません。)
今後、経済産業省では、資本市場、労働市場といったステークホルダーの皆様へ、これらの情報を一層発信してまいります。
更に、銘柄選定企業については、審査委員の評価も合わせ、他企業の参考となるようベストプラクティスとして取りまとめます。
 
また、今年度も、女性活躍推進に向けた特徴的な取組を行う企業を、銘柄選定有無にかかわらず「注目企業」として紹介します。
①下部の「アンケート項目」として、「注目企業」選出にかかる設問を設定しておりますので、こちらも是非回答ください。
※依頼状の発送はございませんのでご留意ください。
※詳細は、募集要領をご確認ください。
 
応募期間:令和4年10月14日(金)~令和4年11月17日(木)16時 ※締め切り厳守
募集要領:令和4年度「なでしこ銘柄」募集要領(PDF)※令和4年11月11日20:00に差し替えを行いました。
調査票:①定量調査票【令和4年10月27日17:00改訂版】(Excel)※令和4年10月27日17:00に再度差し替えを行いました。
    ②定性調査票(Word)
   【①定量調査票の訂正箇所 令和4年10月17日22:00差し替え版】
    4.1のご回答範囲企業について確認させていただく設問について、
    「1」回答範囲の企業は全て監査役会設置会社 の方にご回答いただく設問の指示と、
    「2」回答範囲の企業は全て委員会設置会社 の方にご回答いただく設問の指示が入れ違いになっておりましたため、
    正しい文言に訂正を行っております。

   【①定量調査票の訂正箇所 令和4年10月27日17:00差し替え版】
    4.3の社内取締役数について確認させていただく設問について、
    「4.2のうち、社内取締役数」とすべきところ「(1)のうち、社内取締役数」となっておりましたため、
    正しい文言に訂正を行っております。

    改訂版の定量調査票をダウンロードいただけますようお願いいたします。
    ただし令和4年10月27日17:00差し替え版については、
    4.3社内取締役数について、「4.2のうち、社内取締役数」とのご理解でご回答いただいておりましたら、
    令和4年10月17日22:00差し替え版でご提出いただいても問題ございません。

   【令和4年度「なでしこ銘柄」募集要領の訂正箇所 令和4年11月11日20:00差し替え版】

    P21:スクリーニング項目一覧に項目の記載漏れがありました。
    表の上から3番目に「1.8 「②定性調査票」を提出する」
    上から4番目に「1.9 社名および定量調査票の一部内容の公表に同意する」の2項目を追加しました。

    P22:スコアリング項目一覧に項目の記載漏れがありました。
    表の下から2番目に「正社員の平均勤続年数の男女差異」を追加しました。


    
上記URLより調査票の電子ファイル2点(①定量調査票・②定性調査票)をダウンロードし、下記提出先へメールで提出ください
【提出先・本調査に関するお問い合わせ】提出締め切り:令和4年11月17日(木)16時
nadeshiko20@jp.ey.com
令和4年度「なでしこ銘柄」事業事務局(受託:EY新日本有限責任監査法人)
担当:勝田、毛利、貝(ベイ)、池田
※お問合せはメールにてお願いいたします。原則として土・日・祝日を除く1営業日以内にご返信をいたします。
※提出時にエラーでメール送信ができない場合に限り、
令和4年11月17日(木)17時までに下記の経済産業省宛てにご提出ください。
【経済産業省 提出先】bzl-nadeshiko@meti.go.jp
その際、令和4年11月17日(木)16時までに提出先の事業事務局宛てに送信されたメール及びエラーが返ってきた形跡が分かる資料(メールのコピー等)を必ず添付してください。添付されない場合は受領されない場合もありますのでご注意ください。

FAQ ※随時更新

事務局宛てにいただくご質問のうち、よくいただくご質問を掲載させていただきます。
ご質問の際には、こちらのFAQリストもご活用いただけましたら幸いです。

FAQリスト

選定のポイント


リニューアル後の「なでしこ銘柄」は、企業の女性活躍の取組の多寡を評価するだけではなく、経営戦略と結びついた女性活躍推進体制・施策となっているかを重視します。具体的には、各社の経営戦略において女性活躍推進がなぜ必要で、何を実現したいのか、企業が目指すビジネスモデルを支える人物像は何か、それに向けてどのように取り組み、どのような結果を出し、対外的に示すのか、今後の課題とアクションは何か、といった、一貫性を持った各社のストーリーの見える化、より効果的な国内外への情報発信を行っているかについて評価します。
 
その背景としては、人的資本経営への注目が高まっていること、非財務情報の開示に関する議論が進んでいることがあります。有価証券報告書において、中長期的な企業価値向上における人材戦略の重要性を踏まえた「人材育成方針」や「社内環境整備方針」について記載することや、女性管理職比率、男女間賃金格差等を具体的な開示項目とすること等について議論されています。また、内閣官房においても、人的資本可視化指針が本年8月に公表されています。
 
「なでしこ銘柄」が過去10年で積み上げてきた実績を土台としつつも、評価の方法を一新し、参加インセンティブや調査回答負荷についても見直しを行って、より企業の経営戦略に沿った女性活躍を促進できる事業を目指します。

令和4年度「なでしこ銘柄」説明動画


令和4年度「なでしこ銘柄」の選定基準や「女性活躍度調査」の実施についてより広く周知し、理解を深めていただくため、説明動画をWEB公開します。
 
動画全体は、こちらの経済産業省YouTubeチャンネルに掲載しています。(個別の動画は下記からもご視聴いただけます。)
公開期間:令和4年10月17日(月)~11月17日(木)(予定)
 
プログラム   動画
ご挨拶
経済産業省 大臣官房審議官 龍崎孝嗣
【動画】
令和4年度「なでしこ銘柄」選定に係る「女性活躍度調査」の詳細
経済産業省 経済社会政策室
【動画】

これまでの「なでしこ銘柄」

令和3年度「なでしこ銘柄」


選定企業一覧
令和3年度「なでしこ銘柄」レポート
令和3年度「女性活躍度調査」調査票

「なでしこ銘柄」レポート

令和2年度
令和元年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
 

「女性活躍度調査」調査票

令和2年度
令和元年度
平成30年度
平成29年度(P89~)
平成28年度

お問合せ先

経済社会政策室 川満
電話:03ー3501ー0650

最終更新日:2022年11月17日