経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

女性活躍に優れた上場企業を選定「なでしこ銘柄」

 

        

 

なでしこ銘柄とは

経済産業省は、東京証券取引所と共同で、2012年度より女性活躍推進に優れた上場企業を「なでしこ銘柄」として選定し、発表しています。

なでしこ銘柄は、「女性活躍推進」に優れた上場企業を「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することを通じて、企業への投資を促進し、各社の取組を加速化していくことを狙いとしています。

また、「なでしこ銘柄」選定に加えて、女性活躍推進に優れた企業をより幅広い視点で評価する観点から「準なでしこ」を選定するとともに、「なでしこチャレンジ企業」リストを作成しています。

■なでしこ銘柄
一定のスクリーニング要件を通過した企業について、女性活躍度調査のスコアリング結果に財務指標(ROE)による加点を経て、業種ごとに「なでしこ銘柄」を選定します。

■準なでしこ
全体順位上位のスコアの企業のうち、「なでしこ銘柄」として選定されなかった企業を、「準なでしこ」として業種を問わず選定します。

■なでしこチャレンジ企業
女性活躍度調査に回答し、公表を希望した企業について、女性活躍推進に関する取組・開示状況を一覧化し、「なでしこチャレンジ企業」として紹介します。

1.令和2年度「なでしこ銘柄」(NEW!)
 

今年度の選定におけるポイントは下記の通りです。

(1)女性取締役登用の更なる促進
▷女性取締役が複数名おり、かつ、女性取締役比率が10%以上の企業を更に加点
▷女性執行役員が複数名おり、かつ、女性執行役員比率が10%以上の企業を更に加点(今年度新たに追加)

 女性取締役登用の更なる促進を図る観点から、昨年度は、「なでしこ銘柄」の選定において、女性取締役が1名以上いることをスクリーニングの要件として設定し、女性取締役が複数名おり、かつ、女性取締役比率が10%以上の企業には、より高いスコアを付与することとしました。
 今年度も、女性取締役については、引き続き当該要件及び配点を設定しますが、加えて、社会内での育成・昇格を経て、執行の最高レベルの責任を担う「執行役員」層においても複数の女性を登用する企業には、より高いスコアを付与することとしました。
 具体的には、「女性執行役員が複数名おり、かつ、女性執行役員比率が10%以上」の企業について、従来の「女性執行役員比率」に関するスコアリングに、更に加点することとします。
 なお、執行役員制度を導入していない企業においても、業務執行を担当する役員(当該企業が役員として公表している役職のうち、会社法で規定されている役職を除いたもの)を対象として、同様の加点を実施します。

(2)「なでしこ銘柄」「準なでしこ」の選定枠について
●なでしこ銘柄
 業種毎にスコアが上位の企業を「なでしこ銘柄」として選定します。
▷各業種のスコア1位企業(相対的に企業数が多い業種は2位企業を含む)
▷各業種において「1位企業スコアの85%以上かつ全体順位上位15%程度以上」の企業
●準なでしこ
 全体順位上位15%程度以上のスコアの企業のうち、「なでしこ銘柄」として選定されなかった企業を、業種枠にかかわらず「準なでしこ」として選定します。

2.令和2年度 女性活躍度調査の実施(NEW!)
 

 「なでしこ銘柄」「準なでしこ」の選定に際して、東京証券取引所の全上場企業を対象として、女性活躍度調査を実施します。本調査の回答を基に、「なでしこ銘柄」「準なでしこ」の選定を行うとともに、「注目企業」の選出も行います。また、銘柄に選定されていない場合も、「なでしこチャレンジ企業」としてリストに掲載することで、自社の取組についてPRが可能です(調査票にて、公表希望を確認します。)ぜひ奮ってご回答ください。
 なお、ご回答いただいた企業全社にフィードバックを行います、各社の更なる取り組み推進に資する情報を提供します。

  

調査実施期間:令和2年10月12日(月)10時00分 ~ 11月13日(金)18時00分
調査専用WEBサイト
https://brs.nikkei-r.co.jp/ndsk2020

【本調査に関するお問い合わせ】
株式会社日経リサーチ
ソリューション本部ソリューション第2部
岡本、平尾、庄司、有村、小山
〒101-0047 東京都千代田区内神田 2-2-1
TEL 03-5296-5154 FAX 03-5296-5124
(お問い合わせ受付時間:平日10時~17時)
メール ndsk2020@nikkei-r.co.jp
調査No. 20-432-0046
 

3.令和2年度 説明会の開催(NEW!)
 

 「なでしこ銘柄」の選定基準や女性活躍度調査の実施など、今年度の「なでしこ銘柄」の選定方法を広く周知するため、説明会をWeb公開します。今年度は、30%  Club Japan Vice Chair のDouglas Hymas氏による基調講演(日本語)を行います。企業の持続的成長を目的に、重要意思決定機関に占める女性割合の向上を目して活動同クラブにおいて、インベスターグループの Chairも務めるHymas氏から、企業における女性活躍推進の取組をどう見るかといった点についてお話いただく予定です。

●「なでしこ銘柄」説明会(WEB公開)
日時:令和2年10月12日(月)13時00分公開、11月13日(金)18時00分公開終了
方法:WEB上で上記の期間中公開いたします。オンデマンド配信となりますので、ご参加登録の上、ご都合のよいタイミングでご視聴ください。
プログラム:
開催挨拶(経済産業省/東京証券取引所)
基調講演Douglas Hymas氏 (30% Club Japan Vice Chair) 【資料はこちら
令和2年度「なでしこ銘柄」について(経済産業省)    【資料はこちら
女性活躍度調査について(事務局:株式会社日経リサーチ) 【資料はこちら
視聴登録申込フォーム:https://event.on24.com/wcc/r/2689547/C7EB5118194AA28FA423D52E8461EF56
参加費:無料
 

4. 令和元年度「なでしこ銘柄」「準なでしこ」

令和元年度は、「なでしこ銘柄」を46社、「準なでしこ」を19社選定しました。


令和元年度「なでしこ銘柄」選定に関する女性活躍度調査(調査票) 
 

令和元年度「なでしこ銘柄」選定企業(業種内において証券コード順に掲載)

令和元年度「なでしこ銘柄」選定企業 46社

                         (業種内において証券コード順に掲載)
  企業名
カルビー株式会社                
アサヒグループホールディングス株式会社     
日本たばこ産業株式会社         
コスモエネルギーホールディングス株式会社
株式会社熊谷組
株式会社協和エクシオ
帝人株式会社
特種東海製紙株式会社
積水化学工業株式会社
10 花王株式会社
11 DIC株式会社
12 大塚ホールディングス株式会社
13 AGC株式会社
14 日立金属株式会社
15 古河電気工業株式会社
16 株式会社LIXILグループ
17 ダイキン工業株式会社
18 日本精工株式会社
19 オムロン株式会社
20 株式会社堀場製作所
21 株式会社ブリヂストン
22 株式会社島津製作所
23 凸版印刷株式会社
24 東京瓦斯株式会社
25 東急株式会社
26 日本郵船株式会社
27 株式会社野村総合研究所
28 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
29 SCSK株式会社
30 双日株式会社
31 三井物産株式会社
32 株式会社日立ハイテク
33 株式会社丸井グループ
34 イオン株式会社
35 三井住友トラスト・ホールディングス株式会社
36 株式会社三井住友フィナンシャルグループ
37 株式会社千葉銀行
38 株式会社みずほフィナンシャルグループ
39 株式会社高知銀行
40 株式会社大和証券グループ本社
41 SOMPOホールディングス株式会社
42 MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社
43 ケイアイスター不動産株式会社
44 イオンモール株式会社
45 ギグワークス株式会社
46 株式会社ルネサンス


令和元年度「準なでしこ」選定企業 19社

                         (業種内において証券コード順に掲載)
  企業名
キリンホールディングス株式会社
コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス株式会社
味の素株式会社
日清食品ホールディングス株式会社
三井化学株式会社
株式会社資生堂
富士通株式会社
セイコーエプソン株式会社
アイシン精機株式会社
10 大日本印刷株式会社
11 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
12 日本ユニシス株式会社
13 J.フロントリテイリング株式会社
14 東京センチュリー株式会社
15 オリックス株式会社
16 第一生命ホールディングス株式会社
17 東京海上ホールディングス株式会社
18 株式会社パソナグループ
19 株式会社エスクリ
                       
 
  
 

5. 「なでしこ銘柄」レポート

なでしこ銘柄の選定結果や女性活躍度調査の結果について、レポートを公開しています。

今後の取り組みの参考として下さい。

(参考)

関連資料・調査票

facebook ダイバーシティ推進~グローバル化時代の人材戦略~

ダイバーシティ推進facebookアカウントです。

     女性の活躍推進企業データベース   

お問合せ先

経済社会政策室  田中
電話:03-3501-0650

最終更新日:2020年9月28日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.