経済産業省
文字サイズ変更

廃炉・汚染水対策ポータルサイト

新着情報

動画で知る 福島の現状

  • 福島の現状について、内閣府原子力被災者生活支援チームと連携し映像を作成しました(日本語版と英語版がございます)。
  • 本映像では、発電所の現状、廃炉に向けた各種対策の進展、廃炉作業現場での労働環境の改善、避難指示区域の住民への支援、食の安全の確保等々、様々な角度から「福島の今」をわかりやすくお伝えしています。

NEW!「福島の今」(今年版)

※日本語・英語それぞれの字幕でご覧いただけます。

「福島の今」(昨年版)

※動画下部に表示されるコントロールバーに字幕の表示・非表示の切り替えボタンがあります。

【日本語版】

上記の動画はこちらからダウンロードいただけます。

【英語版】

上記の動画はこちらからダウンロードいただけます。

協力:
福島県、いわき市、田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村、相馬双葉漁業協同組合、福島県商工会議所連合会、福島県商工会連合会、福島県農業協同組合中央会、福島県漁業協同組合連合会、日本青年会議所東北地区福島ブロック協議会、NPO法人ハッピーロードネット、福島相双復興官民合同チーム、福島県立ふたば未来学園高等学校、福島県立福島高校、千葉工業大学、双日エアロスペース、大成建設、東芝、トピー工業、日本エム・アイ・シー株式会社、日立・GEニュークリアエナジー、本田技研、三菱電機特機システム、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(JAEA)、技術研究組合国際廃炉研究開発機構(IRID)、東京電力、復興庁、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省、環境省、原子力規制庁、その他の皆様

主な汚染水対策の進捗状況

  対策 進捗
「取り除く」 多核種除去設備(汚染水から放射性物質を除去する設備)による汚染水浄化 運用中 汚染水(RO濃縮塩水)の処理は、タンク底部の残水を除き、5月27日に完了。
さらに浄化が必要な処理水は、今後、多核種除去設備等で再浄化する。
※なお、タンク内残水(推計1万トン)はタンク解体時までに処理
建屋の海側にある地中トンネル(トレンチ)内の高濃度汚染水の除去 完了 平成27年8月にトレンチ内の高濃度汚染水の除去及び充填を完了。
「近づけない」 建屋山側の井戸から海へ排水(地下水バイパス) 完了・運用中 平成26年5月下旬より排水を開始
建屋周辺の井戸(サブドレン)から地下水を汲み上げ、浄化した上で、海へ排水 完了・運用中 平成27年9月14日より排水を開始
陸側遮水壁の設置 運用中 平成28年3月より凍結開始
地下水流入抑制のための敷地舗装 着手済 平成27年度目標エリア(全体予定箇所の9割)の舗装を計画通り完了
「漏らさない」 タンク堰のかさ上げ、
二重化
完了・
運用中
平成26年7月中旬に完了 平成26年秋の台風時にも効果を発揮
水ガラスによる地盤改良 完了・
運用中
平成26年3月に完了
海側遮水壁の設置 完了 平成27年10月に閉合
タンクの増設 運用中(さらなる整備中) 前回の中長期ロードマップより2年前倒し、平成26年度中に80万トンの容量確保を達成

3つの基本方針

1. 汚染源を取り除く

①多核種除去設備による汚染水浄化

②トレンチ内の高濃度汚染水の除去

2. 汚染源に水を近づけない

③地下水バイパスによる地下水の汲み上げ

④建屋近傍の井戸(サブドレン)での汲み上げ

⑤国費による凍土方式の陸側遮水壁の設置

⑥雨水の土壌浸透を抑える敷地舗装

3. 汚染水を漏らさない

⑦水ガラスによる地盤改良

⑧海側遮水壁の設置

⑨タンクの増設(溶接型タンクへのリプレイス等)

汚染水対策

地図内の項目名をクリックしますと詳細ページにリンクします。
①多核種除去設備 ②トレンチ内高濃度汚染水除去 ③地下水バイパス ④サブドレン ⑤陸側遮水壁 ⑥土壌浸透を抑える敷地舗装 ⑦地盤改良 ⑧海側遮水壁 ⑨タンク設置予定地 汚染水対策概要図

廃炉に向けた取り組み

4号機使用済燃料プールからの燃料取り出し

  • 福島第一原発で、最もリスクが高いと言われていた4号機使用済燃料プールについては、使用済燃料プールの燃料1,535本(うち、204本は新燃料)の敷地内の共用プール等※への移送が完了しました。
    (※新燃料の一部は事故を起こしていない6号機の使用済み燃料プールへ移送)
  • 平成25年11月18日から燃料取出しを開始。平成26年11月5日に、リスクの高い全ての使用済燃料の移送を完了。平成26年12月22日に全ての燃料の移送が完了しました。

1号機建屋カバー解体・ガレキ撤去

  • 1号機原子炉建屋については、使用済燃料プール内の燃料を取り出すために、建屋上部に堆積しているガレキを取り除く必要があります。そのため現在、建屋カバーの解体を行っています。
  • 建屋カバーの解体にあたっては、飛散防止剤の散布などの十分な飛散抑制対策と、放射性物質濃度の監視を行いながら、着実に進めてまいります。
下記説明文の画像
建屋カバー解体・ガレキ撤去の流れ
モニタリングの状況
下記説明文の場所の画像
  • オペフロ上のダストモニタで監視(1,3号機各4箇所※):警報値 5.0X103(Bq/cm3)
  •  構内ノーマスクエリアのダストモニタ(10か所):警報値 1.0X10-4(Bq/cm3)
  • 敷地境界ダストモニタ(8箇所)による監視:警報値 1.0X10-5(Bq/cm3)
  • 敷地境界モニタリングポスト(8箇所)

3号機使用済燃料プール内大型ガレキ撤去作業の進捗状況について

  • 3号機原子炉建屋については、使用済燃料プール内の燃料を取り出すために、使用済み燃料プール内に落下したガレキの撤去を進めています。平成27年8月2日には、使用済燃料プール内に存在する最も大きなガレキ(燃料交換機)の撤去作業を終了しました。
  • 燃料取り出しに使用する燃料取り出し用カバーは、建設時の安全性向上と作業員の被ばく低減を最大限重視し、福島第一原子力発電所から約60km離れたいわき市小名浜で一部の組み立てを実施しました。ガレキ撤去後、燃料取り出し用カバーの搬入とともに燃料取扱機の設置も予定しています。
    (ガレキ撤去状況とカバーイメージを掲載予定)

撤去状況の画像
使用済燃料プール内の大型ガレキ(燃料交換機)撤去状況


3号機燃料取り出し用カバーイメージ図

廃炉に向けた技術開発

『東京電力(株)福島第一原子力発電所の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ』に基づき、国内外の叡智を結集し、技術的難易度の高い研究開発に取り組んでいます。

廃炉研究開発の全体構成図


燃料デブリ取り出しに向けた主な研究開発(リンク)
以下のボックスをクリックすると詳細ページに移動します。

内部調査

内部調査について・宇宙線ミュオンを用いた調査・原子炉格納容器内部調査(ロボットによる調査)/内部調査技術開発の詳細説明に移動します。
デブリ性状把握について・模擬デブリによる性状調査/デブリ性状把握技術開発の詳細説明に移動します。

デブリ取出し(取出し工法の開発)

デブリ取り出しについて・今後重点的に3つの燃料デブリ取り出し工法/デブリ取り出し技術開発の詳細説明に移動します。

デブリ取出し(作業環境の向上)

格納容器補修について・漏えい箇所の調査・原子炉格納容器下部の実規模型型による止水試験/納容器止水技術開発の詳細説明に移動します。

その他

除染・線量低減について・遠隔除染装置(除染用ロボット)の開発/除染技術開発の詳細説明に移動します。


<御参考>廃炉・汚染水対策事務局
(資源エネルギー庁からの委託により)三菱総合研究所が平成25年度、平成26年度、平成27年度廃炉・汚染水対策補助金事業の事務局業務を実施。

<御参考>研究開発プロジェクトの進捗状況

  • <お知らせ>原子力損害賠償・廃炉等支援機構が、廃炉研究開発情報ポータルサイトを開設しています。
    福島第一原子力発電所の廃炉に向けて各機関が進めている実用から基礎に至るまでの研究開発に関する情報を一元的に共有するための基盤として最新情報をお伝えします。
    廃炉研究開発情報ポータルサイト(NDF HPへリンク)外部リンク

その他廃炉に向けた取組

研究拠点の整備
福島第一原発廃止措置推進に必要不可欠な遠隔操作機器や放射性物質の分析・研究等に関する技術基盤の確立、国内外の研究機関との共同研究の推進等を図るため、福島県内に研究拠点を整備。

廃炉に向けた取組(リンク)
以下のボックスをクリックすると詳細ページに移動します。

楢葉遠隔技術開発センターの詳細説明に移動します。

大熊分析・研究センターの詳細説明に移動します。

国内外の叡智の結集の詳細説明に移動します。

廃炉に係るロボット技術の詳細説明に移動します。

福島第一原子力発電所の今 (事故当初と現在の比較 ビフォーアフター)

廃炉・汚染水対策の進捗により、事故当初と比較して福島第一原発敷地内の状況も大きく改善してきました。事故当初と最近の写真の比較により、敷地内の改善状況についてお知らせします。

廃炉に向けたロードマップ

廃炉に向けた工程(中長期ロードマップ(2015年6月12日改訂))

中長期ロードマップの直近の進捗状況の概要

福島第一原発における直近の主な廃炉・汚染水対策の取り組み状況を簡潔にまとめた1枚紙と、これらの取組を福島第一原発構内の地図上で位置を示したものを作成し、廃炉・汚染水対策チーム事務局会議資料として公表しています。

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成28年1月28日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第26回)(PDF形式:893KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 1号機原子炉建屋カバー解体作業の状況
  • 3号機使用済み燃料プール内からの燃料取り出しに向けて
  • 陸側遮水壁海側の工事完了
  • 線量率モニタの追加設置
  • 雑固体廃棄物焼却設備ホット試験の開始

過去の取り組み状況はこちら

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成27年12月24日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第25回)(PDF形式:1,030KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 3号機原子炉格納容器機器ハッチ小型調査装置による調査結果
  • 3号機原子炉建屋への高所用除染装置の導入
  • 一般作業服着用可能エリアの拡大

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成27年11月26日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第24回)(PDF形式:893KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 雑固体廃棄物焼却設備試験運転の開始
  • 作業環境改善に向けた作業員へのアンケート結果
  • 2号機原子炉建屋上部解体・改造範囲を判断

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成27年10月29日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第23回)(PDF形式:905KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 1号機原子炉建屋カバー屋根パネル取り外し完了
  • 海側遮水壁閉合完了
  • 楢葉遠隔技術開発センターが開所

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成27年10月1日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第22回)(PDF形式:949KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • サブドレンくみ上げ・排水開始
  • 陸側遮水壁山側の工事完了
  • 海側遮水壁鋼管矢板の打設完了

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成27年8月27日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第21回)(PDF形式:1,190KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 3号機燃料交換機撤去完了
  • 工事車両清掃中の作業員の死亡災害
  • 2,3号機海水配管トレンチ汚染水除去・充填完了

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成27年7月30日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第20回)(PDF形式:1,335KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 1号機建屋カバー屋根パネル取り外し開始
  • 2号機原子炉格納容器内部調査に向けた状況
  • 強い降雨によるK排水路雨水の一部海洋への排水

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成27年6月25日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第19回)(PDF形式:4,095KB)PDF File,(ZIP形式:3,384KB)other_file

<主な取り組み項目>

  • 3号機使用済燃料プール内ガレキ撤去再開
  • 中長期ロードマップ改訂
  • タービン建屋への移送ホースからの漏えい

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成27年5月28日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第18回)(PDF形式:3,865KB)PDFファイル,(ZIP形式:3,256KB)ダウンロードファイル

<主な取り組み項目>

  • 汚染水(RO濃縮塩水)の処理完了
  • 1号機建屋カバー解体着手
  • 大型休憩所の運用開始

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成27年4月30日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第17回)(PDF形式:1,160KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 1号機 原子炉格納容器内部調査の実施
  • 陸側遮水壁試験凍結の開始号機原子炉内調査の状況
  • 情報の公開とリスクの総点検

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成27年3月26日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第16回)(PDF形式:1,055KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 汚染水浄化処理について
  • 1号機原子炉内調査の状況
  • リスクの総点検の実施

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成27年2月26日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第15回)(PDF形式:588KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 重大災害を踏まえた安全性向上対策の実施
  • 2号機原子炉建屋大物搬入口屋上部の溜まり水調査結果
  • C排水路における放射能濃度の上昇

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成27年1月29日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第14回)(PDF形式:883KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 汚染水処理の見通し
  • 1号機原子炉内燃料デブリ調査開始
  • タンク天板部からの作業員の転落による死亡災害

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成26年12月25日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第13回)(PDF形式:999KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 4号機 使用済み燃料プールからの燃料取り出し完了
  • 1号機 原子炉建屋最上階のガレキ・ダスト状況調査
  • 2号機海水配管トレンチ トンネル部の充填完了

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成26年11月27日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第12回)(PDF形式:906KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 1号機 原子炉建屋最上階のガレキ・ダスト状況調査
  • 3号機プール内ガレキ撤去の再開
  • 労働環境改善に向けた作業員へのアンケート集約

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成26年10月30日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第11回)(PDF形式:981KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 1号機建屋カバー解体に向けた飛散防止材の散布と調査の実施について
  • タンク内にある汚染水のリスク低減に向けて
  • 1,2号機燃料取り出し計画

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成26年9月25日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第10回)(PDF形式:1,030KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 増設多核種除去設備 汚染水処理の試験運転開始
  • 高性能多核種除去設備 汚染水の処理に向けた状況
  • 地下水バイパスにより建屋への地下水流入量が減少

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成26年8月28日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第9回)(PDF形式:896KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 増設・高性能多核種除去設備の設置状況
  • 海水配管トレンチ 汚染水除去のための追加対策
  • サブドレン他浄化設備 浄化性能試験の実施

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成26年7月31日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第8回)(PDF形式:882KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 2号機原子炉建屋地下東側壁面調査を実施
  • 排水路を港湾外から港湾内に切替
  • 多核種除去設備の状況

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成26年6月27日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第7回)(PDF形式:929KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 凍土方式の陸側遮水壁設置に向け本格施工開始
  • 港湾内全域の被覆工事を開始
  • より現場に近い新事務棟へ執務場所を移転

中長期ロードマップ進捗状況(概要版)抜粋 平成26年5月29日廃炉・汚染水対策チーム事務局会議(第6回)(PDF形式:938KB)PDF File

<主な取り組み項目>

  • 地下水バイパス排水開始
  • 1号機 圧力抑制室(S/C)上部調査による漏えい箇所確認
  • 3号機 格納容器からの漏えい箇所確認

パンフレット

「廃炉の大切な話」福島第一原子力発電所の今とこれからのPDFをご覧になれます

「廃炉の大切な話」福島第一原子力発電所の今とこれから
※画像をクリックすると、PDFをご覧になれます。

廃炉・汚染水対策ニュースレターのPDFをご覧になれます

廃炉・汚染水対策ニュースレター
※画像をクリックすると、最新号のPDFをごらんになれます。

東京電力福島第一原子力発電所の現状と廃炉に向けた取り組みをわかりやすく説明する資料を作成し、廃炉・汚染水対策福島評議会で公表しました。

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉・汚染水対策を担う人々の声をご紹介するために、廃炉・汚染水対策ニュースレターを作成し、廃炉・汚染水対策福島評議会で紹介しました。

国際的な取組

第1回福島第一廃炉国際フォーラムについて

  • 2016年4月10日(日曜日)~11日(月曜日)の2日間にわたり、福島県いわき市において、原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF)との共催により、第1回福島第一廃炉国際フォーラムを開催致しました。
  • 国内外の専門家、地元関係者、学生など、15カ国から、のべ641人の参加を得て、廃炉に関する国内外のトップレベルの研究成果や、廃炉を進めていく上での地元とのコミュニケーションのあり方などについて議論が行われました。
  • 福島第一原発の廃止措置に向けて、技術的側面のみならず、地域社会とのコミュニケーションという社会的側面についても、世界の叡智を結集し、我が国が乗り越えていくべき重要なテーマであることも明らかになりました。
  • 本フォーラムは、今後も継続的に実施する予定です。

なお、本フォーラムの講演資料等については、以下URLからご確認いただけます。

また、4月10日(日)には、「東京電力株式会社福島第一原子力発電所の廃炉・汚染水対策に従事している作業チームに対する感謝状」授与式が行われました。

第59回IAEA総会について

2015年9月14-18日、オーストリアのウィーンにおいて開催される第59回IAEA総会の中で、福島の現状について紹介する動画が放映されました。英語の動画ですが、以下リンクからご覧いただけます。
※現場の作業・状況の進捗を踏まえ、映像は2016年2月26日に改訂されました。
YouTubeへリンク外部リンク

上記の動画はこちらからダウンロードいただけます。
(ZIP形式:398MB)その他のファイル
字幕版(ZIP形式:398MB)その他のファイル

第3回IAEA廃炉レビューミッションについて

よくある質問 Q&A

お問合せ先

資源エネルギー庁 原子力発電所事故収束対応室
電話:03-3580-3051
FAX:03-3580-8542

 
最終更新日:2016年11月28日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.