背景・概要

生産年齢人口の減少が続く中で、ビジネスケアラー(仕事をしながら家族等の介護に従事する者)の数は増加傾向であり、介護に起因した労働総量や生産性の減少が日本の労働損失に有する影響は甚大です。
ビジネスケアラー発生による経済損失額は2030年時点で約9兆円に迫ると推計しています。
        

介護と仕事の両立実現に向けては、職場・上司の理解が不足していることや、両立体制構築に当たっての初動支援が手薄いこと、
介護保険サービス単体ではカバー範囲が限定的であること等が課題として挙がり、従業員個人のみでは十分な対応が困難な状況です。

経済産業省では、
①介護需要の多様な受け皿整備(介護保険外サービスの振興)
②企業における両立支援に向けた取組の充実
③介護に係る社会機運の醸成(OPEN CARE PROJECT)
に取り組んでいきます。

 

企業における両立支援に向けた取組の充実

仕事をしながら家族の介護に従事するビジネスケアラー発生に伴う諸課題への対応として、より幅広い企業が両立支援に取り組むことを促すため、企業経営における仕事と介護の両立支援が必要となる背景・意義や両立支援の進め方などをまとめた企業経営層向けのガイドラインを公表しました。

OPEN CARE PROJECT

   
OPEN CARE PROJECTとは? 詳細はこちら外部リンク 60秒早わかり解説外部リンク
OPEN CARE PROJECT AWARD2023外部リンク
「OPEN CARE PROJECT」発足発表会(2023年3月16日実施)
動画①外部リンク 動画②外部リンク 動画③外部リンク 動画④外部リンク 
動画⑤外部リンク 動画⑥外部リンク 動画⑦外部リンク 
ロゴマーク使用申請はこちら
      ① PDF形式外部リンク/PNG形式外部リンク

       
 ② PNG形式外部リンク

     opencarept_logo_2
      
    ③ PNG形式外部リンク

          opencarept_logo_3
 

関連資料(調査事業報告書等)

お問合せ先

商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 
電話:03-3501-1790(直通)

最終更新日:2024年5月2日