1. ホーム
  2. 政策について
  3. 政策一覧
  4. 安全・安心
  5. 製品安全
  6. 製品安全ガイド
  7. 製品安全に関わる政策
  8. インターネット取引における製品の安全確保について

インターネット取引における製品の安全確保について


インターネット取引における製品の安全性確保について

局の所管


新着情報

2023年6月27日      
リコール製品や安全ではない製品から消費者を守るための日本版「製品安全誓約」がスタートしました
2022年12月26日      
インターネットモールを利用する皆様へ 安全な商品かどうかの確認を忘れずに
~OECDによる「国際共同啓発キャンペーン」が行われています~
2022年10月26日      
モール等運営事業者に対して出品者への周知や製品安全関係法対象製品の表示の確認を要請しました
2022年6月24日       
ネオジム磁石製のマグネットセットによる子どもの誤飲事故の防止について(注意喚起及び協力要請)
2022年6月23日        
インターネット取引を行う皆様へ向けた概要リーフレットを更新しました


インターネット取引における製品の安全確保の必要性 ~ご存知ですか?

 近年、電子商取引は海外の販売事業者の自社サイトを通じた海外事業者との直接取引や、インターネットモール、インターネットオークション、フリーマーケットアプリ等を介した取引など多様化しています。 こうした中、インターネット販売を通じた製品安全関係法※の違反件数は以下のとおり増加しており、今後の更なるインターネット販売の拡大が見込まれる中、従来の実店舗における対面取引のみならず、インターネット取引における製品安全の確保を図ることが一層重要になっています。

※消費生活用製品安全法、電気用品安全法、ガス事業法、液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律の四法を指す。  

パンフレット

販売事業者向けPDFファイル 消費者向けPDFファイル オークション・フリマサイト利用者向けPDFファイル

インターネットで見受けられる製品安全関係法の対象となる製品例

 インターネット販売においてよく見受けられる製品安全関係法の対象となる製品を御紹介します。この例示以外にも対象となる製品は多岐に渡ります。また、技術革新等による新製品が製品安全関係法の対象となる可能性もあります。

 下記、画像をクリック頂くと対象となる製品安全関係法のページに移動します。事業の開始前や開始後においても製品安全関係各法の理解を深めて頂き、製品安全の確保に向けた取り組みを引き続きよろしくお願い致します。

インターネットで販売される規制対象製品例(画像をクリックすると詳細ページを参照できます)
電気マッサージ器 電撃殺虫器 直流電源装置 電気天火 電気髪ごて
電気湯のし器 ジュースミキサー フッドミキサー 電気加湿機 電気乾燥機
LEDランプ LED電灯器具 電子楽器 超音波加湿機 コンセント付家具
医療用物質生成器 リチウムイオン蓄電池 携帯用レーザー応用装置 石油ストーブ 開放燃焼式・密閉燃焼式・屋外式ガス瞬間湯沸器
ガスこんろ カートリッジガスこんろ 開放式・密閉式・屋外式ストーブ ライター 乗車用ヘルメット

※上記は例示であり、これ以外にも該当する製品があります。詳細についてはこちらからご確認ください。

お問合せ先

産業保安グループ 製品安全課
TEL:03‐3501‐1511
(製品安全課 内線)4301~4310
(製品事故対策室 内線)4311~4313
FAX:03-3501-6201
メールでのお問い合わせはこちら

最終更新日:2024年2月21日