経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール
  • 印刷

米国向け、中国向け、どちらの輸出が国内生産への影響が大きいのか!?

経済解析室では、これまで米国向け出荷の動向や、中国向け出荷減少の国内生産活動への影響についての分析結果を紹介してきましたが(参考)、今回は米国向け・中国向け輸出の国内生産への影響についての分析をご紹介します。

抜きつ抜かれつの米中輸出額

日本から米国向けの輸出額を見ると、2006年に過去最高の16.9兆円を記録したものの2008年のリーマンショックの影響を受け大幅に低下しています。その後米国向け輸出は徐々に回復するなかで、日本からの最大の輸出先は米国と中国で何度か入れ替わっています。

リーマンショック後の2009年に中国向け輸出が米国向けを上回りましたが、その後米国向け輸出額は回復し、2013年には再び中国向け輸出額を上回りました。

2018年には中国向け輸出額が過去最高となり、米国向け輸出額を上回りましたが、2019年に再び米国向け輸出額が中国向け輸出額を上回り両国の輸出額は拮抗しています。

国内生産への波及効果は米国が上回る

ほぼ同じ規模の米国向け輸出、中国向け輸出ですが、国内生産への経済波及効果で見ると、どちらが大きいでしょうか。

直近2019年の米国及び中国の輸出額を見ると、米国向け輸出額は15.2兆円、中国向け輸出額は14.7兆円と、米国向け輸出額が0.5兆円上回っていますが、ほぼ拮抗しています。

2015年基準の産業連関表を用いて、米国向け輸出・中国向け輸出それぞれの国内生産への波及効果を試算すると、米国向け輸出が国内生産に与えた経済波及効果は15.8兆円、中国向け輸出が国内生産に与えた経済波及効果は12.6兆円となり、米国向け輸出が国内生産へ与えた経済波及効果は3.2兆円上回ります。

国内生産への経済波及効果の高い輸送機械

では、ほぼ同じ規模の輸出額ですが、どうして米国向け輸出の方が経済波及効果は大きいのでしょうか。

ここで、産業連関表に基づいて算出した生産誘発額(注1)により業種別に輸出額と当該業種の輸出により生じた国内生産への経済波及効果を見てみましょう。米国向け輸出の主力業種は輸送機械ですが、裾野の広い輸送機械は国内産業への影響力が高いため、輸出額に対する経済波及効果が大きくなっています(影響力係数(注2) 1.41)。

他方、中国向け輸出の主力業種は電気機械ですが、輸出額に対する経済波及効果は、輸送機械と比較すると小さいくなります(影響力係数1.08)。

このため、米国向け輸出が中国向け輸出よりも国内生産へ与える経済波及効果が大きいことがわかりました。

(注1)生産誘発額とは、輸出される貨物を生産するために直接・間接的に使用する貨物を生産するといった繰り返し誘発される生産が究極的にどのくらい生産されたかを示したもの。

(注2)影響力係数=産業連関表の逆行列係数の列和/逆行列係数の列和全体の平均値。ある産業の最終需要が増えた際に他の産業へ与える影響(数値が大きいほど他産業へ与える影響が大きい)。

最近の米国向け輸出と中国向け輸出の動向を月次で見ると、中国向け輸出は2018年末より前年同月比低下が続いている一方、米国向け輸出は2019年7月まで前年同月比上昇と好調が続いていました。

しかし、米国向け輸出も2019年8月より前年同月比低下に転じており、輸送機械の低下が主な要因とみられます。この米国向け輸出の減少は今後も続くのか、国内生産に及ぼす影響の観点からも気になるところです。

<参考>

問合せ先

経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室
電話: 03-3501-1511(代表)(内線2851)、03-3501-1644(直通)
FAX : 03-3501-7775
E-MAIL : qqcebc@meti.go.jpメールリンク

過去のひと言解説一覧へ

最終更新日:2020年2月5日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.