経済産業省
文字サイズ変更

電磁界の問題電磁界は何が問題になっているのですか?

電気は、技術の進歩とともにいろいろな目的に利用され、産業の発展や生活の向上に大きな役割を果たし、私達にとってなくてはならないものとなっています。

送電線の周辺に住んでいる人たちの健康について調査したところ、小児白血病と電磁界の強度に関連があるという報告が米国やスウェーデン等の研究者から1980年代に相次いで発表され、日常的な電気の使用により発生する電磁界が健康に影響を与えるのではないかということが問題になりました。

これを契機に世界中(もちろん日本でも)で、電磁界と健康影響の関係を真剣に考えるようになりました。(世界保健機関(WHO)では、1996年から電磁界ばく露の健康リスクを評価することを目的として国際電磁界プロジェクトを発足させています。)

このホームページは電磁界と健康影響について、これまでに分かっている事実を出来るだけ正確にお伝えすることを目的としています。

作成にあたっては、電磁界の健康影響に関する専門家、リスクコミュニケーションの専門家、消費者団体代表者等の方々より、その内容の正確さ、公正性、分かり易さ等について監修いただきました。

監修(50音順)
池畑 政輝 (鉄道総合技術研究所)
牛山 明 (国立保健医療科学院)
梅澤 晋一 (国民生活センター)
大久保 千代次 (電磁界情報センター)
多氣 昌生 (首都大学東京)
土田 昭司 (関西大学)
飛田 恵理子 (東京都地域婦人団体連盟)
水野 幸男 (名古屋工業大学)
山口 直人 (済生会保健・医療・福祉総合研究所)
事務局
一般財団法人 電気安全環境研究所
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.