経済産業省
文字サイズ変更

国際機関の見解国際的な見解はどうですか?

世界保健機関(WHO)では・・・

国連の一機関であるWHOは1996年5月に国際電磁界プロジェクト(The International EMF Project)を発足させました。プロジェクトの目的は、電磁界ばく露の健康リスクを評価することです。我が国も参加しています。

なお、WHOではこれまでに超低周波電磁界(300Hzまで)について評価を終了しており、ここで主に扱う商用周波電磁界(50/60Hz)が含まれています。

WHO国際電磁界プロジェクト

国際電磁界プロジェクトの1つとして、WHOの付属機関である国際がん研究機関(IARC)は、2002年に超低周波電磁界の人への発がんハザードを評価したIARCモノグラフ第80巻を発刊しました。そして、超低周波磁界は「人にとって発がん性があるかもしれない(グループ2B)」、超低周波電界は「人への発がん性に関して分類できない(グループ3)」と判断しました。

IARCの発がんハザード評価とは、その物質や環境ががんの原因となるかどうかあるいはその潜在性の有無に関する科学的な証拠の強さ(確実さ)を評価して分類したものであり、がんの引き起こしやすさを評価したものではありません。ここでの評価の手順は、まず、人における疫学研究結果(証拠)をもとに発がんハザードがあるかどうか評価します。証拠が限定的であったり、不十分な場合は、生物学的研究結果(証拠)をもとに総合的に発がん性を分類します。従来、発がんハザードは5段階でしたが、2019年1月に、モノグラフの前文の改定版が発表され、「グループ4:おそらく発がん性はない」は廃止され、4段階の分類となりました(次表参照)。

*1 国際がん研究機関(IARC)はがんに関するさまざまな研究を行うために1969年に発足したWHOの専門組織です。その活動の一つとして、化学物質の発がんハザードに関する分類があります。現在では、個々の化学物質にのみならず、混合物や放射線、ウイルスなどの化学物質でないものや労働環境も評価しています。(http://www.iarc.fr/en)外部リンク
*2 「ハザード(hazard:危険性、有害性)」とは、人に危害を及ぼす可能性のある因子をいいます。一方、「リスク(risk:危険度)」とは、ハザードによって生じる恐れのあるけがや疾病の重篤度とその発生する可能性の度合いをいいます。例えば、タバコは肺がんや心血管疾患等の疾病の「リスク」を生じる可能性のある「ハザード」ですが、喫煙という行為に及ばなければ、タバコ自体が「リスク」を生じることはありません。
*3 2019年9月に発表されたIARC 諮問グループの報告では、IARC モノグラフの適用範囲は、人におけるがんのリスクを高める可能性のある作用因子を同定することであり、その作用因子を(レビュー対象に)選択していること。発がん性を疑う証拠がない新たな作用因子をレビューすることは、モノグラフ・プログラムの適用範囲外であること、また、レビュー対象の作用因子についてはほぼ大抵、潜在的な発がんハザードを示す何らかのデータがあることから、諮問グループはグループ3とグループ4を統合することを勧告しています。なお、今後の(作用因子の発がん性分類を評価する)作業グループに対し、一連の証拠によって是認される場合に「人に対しておそらく発がん性はない」という文言を追加するよう奨励しています。
(https://www.iarc.fr/news-events/the-iarc-monographs-updated-procedures-for-modern-and-transparent-evidence-synthesis-in-cancer-hazard-identification/外部リンク

■IARCによる発がんハザード分類

WHOは、2005年10月に低周波(100kHzまで)電磁界の健康リスクを評価するために、専門家による「タスクグループ」を招集しました。タスクグループは、IARCモノグラフ第80巻を含め、これまで発表された膨大な科学論文のレビューを行い、その見解を「環境保健クライテリア(EHC)モノグラフNo.238(WHO, 2007)」として、2007年6月に発刊しました。

WHOは、このEHCに基づいて「ファクトシートNo.322超低周波の電界及び磁界へのばく露(現在はBackgrounderとして収納)」を発表し、こちらのように PDFファイル 健康リスク評価を行っています。環境省では上記EHCを日本語に翻訳しています超低周波電磁界に関する環境保健クライテリア(世界保健機関)〔和訳〕

http://www.env.go.jp/chemi/electric/material/ehc238_j/index.html超低周波電磁界に関する環境保健クライテリア(世界保健機関)〔和訳〕

国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)では・・・

国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP*4)では、世界保健機関(WHO)の電磁界ばく露の健康リスクの評価結果(後述)を受けて、2010年に1Hzから100kHzまでの時間変化する電界、磁界、電磁界に対して短期的なばく露影響から一般の人と労働者を防護するガイドラインを設定しています。このガイドラインでは、商用周波電磁界に関するばく露制限値を設定しており、その値は、電磁界によって引き起こされる磁気閃光や中枢および末梢の神経への刺激を根拠として、刺激作用(「科学的に立証されている人への影響(短期的ばく露影響)」参照)によって健康に悪影響が起こるレベルより十分に低い値に設定されています(下表参照)。

*4 国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)は非電離放射線からの人体及び環境の防護の推進、特に非電離放射線からの人体の防護に関するガイドラインと勧告を提供することを目的として1992年に設立された中立的な国際的組織です。ICNIRPのガイドラインは各国政府に対し強制力を持つものではありませんが、中立の専門家が参加した保健衛生の立場からの評価として、世界各国の防護指針やガイドライン作成に大きな影響力をもっています。(http://www.icnirp.org/)

なお、発がん等を含む長期的なばく露影響に関しては、小児白血病との関連を示唆する疫学研究結果を尊重する必要性を認めながらも、磁界と小児白血病の因果関係は確立されておらず、また、その他のいかなる長期的ばく露影響の因果関係も確立されていないことを根拠に、ガイドラインのばく露制限値においてこの問題を取り扱うことができないと判断しています。

■ICNIRPガイドラインによる一般の人へのばく露制限値(参考レベル)

ICNIRPガイドラインによる一般の人へのばく露制限値(参考レベル)

WHOの健康リスクの評価の概要(ファクトシートNo.322)

健康リスクの評価に基づき「WHOのガイダンス」としてまとめられ、各国の政府機関や産業界に対し、以下のように提言しています。

WHOのガイダンスの概要(ファクトシートNo.322)

WHOでは、電磁界の健康リスクへの見解を、一般の人向けに、ファクトシート(Fact Sheet)として発表しています。上記、ファクトシートNo.322については日本語にも翻訳され、公開されています。
(http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/FS322_Japansese.pdf?ua=1)PDFファイル

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.